上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
    あちこちと、身体が不調だらけです
*下腹部痛
* トイレが近い
*便秘
*偏頭痛・めまい・動悸
*身体全体のダルさ
*食べ物の好みが毎日変わる
*胃のむかつき(食べても空腹でも変わらず・・・)
*胃もたれ(消化が悪いのかナ?胃の中に石が入ってるみたい・・)
*ニオイに敏感になる(食料品の売り場は息を止めて通りすぎます
     冷蔵庫の扉を開けるのもダメ、好きだったボディーソープの香りも×歯磨き粉×
     香り系は、ダメなものが どんどんと増えてく感じです・泣)
*左の足の付け根の痛み
*両足(腿から脹脛)が運動してないのに なぜか筋肉痛



細かいところでいえば、他にもいくつかあります:; 今はホント、耐えるしかないんですよネェ



  はじめ、つわりというものが、こんなにも続くものだと知らなかったので「そうかなぁ、、」と

聞き流してましたが、だんだんと長引くにつれて ダンナの 「そのうち食べれるようになるから♪」

「病気じゃないんだし」と励ますつもりで言う言葉に、悲しくなりイライラするようになりました。。。(;_;)



    いつ食べれるようになるの? ツライのは今なんだよ、私なんだョ・・・。って:;

いつ治まるか誰にも分らないのに・・・。傷つくし、ストレスになるから言わないで欲しい・・と。。


  

なので、マタニティー雑誌もそうですが、ネットなどの情報も、ダンナに読んでもらいたものは

   全部ひととおり目を通してもらうようにしています。女の私でも、妊娠するまでは

体調の変化&気持ちの変化など知らなかったことが多いのに、男の人なら なおさらですもんね☆



  たとえば、妊娠中の体の変化に対して冗談でもからかったりしないとか、つわりが辛くて 

   イライラしたり泣いたりしてるときは、不安な気持ち&話しをよく聞いてあげるとか。。

  
      (冗談だとしても、相手によっては深く傷つく人もいるので、普段から

   ダンナには よ~く気よつけるように言っているので 心配はしていませんが。。。)



他にも家事を出来るだけ手伝うとか色々と書いてあったけど、これもダンナは充分すぎるほど協力して

くれています。中でも私が一番嬉しいのは、出来るだけ同じ部屋で過ごし 話しを聞いてくれることです


   とにかく、ダンナとわたしが同じ気持ち考え方でいることが大切だと思っているので。。

どんなに小さなことでも話し合い、お互いの考え方がズレていないか確認するようにしています。


  子どもが生まれたあと、どんな風に子育てしていくかも話し合っていこうと思ってます☆




 少し前から、おコメが食べれるようになったんですが、今でも少しの量なら食べられます。


 ダンナは、私が何か口にする度に「少しでも食べることが出来て良かった♪」 て喜んでくれて、

    私が食べれそうなものを仕事帰りに買ってきてくれたり作ってくれたりします。*^^*



めまいが出るようになったので、せめて一日一食は おコメを2口3口でも食べるようにしたいな。。


     休みの日に、ダンナが 野菜たっぷり白菜シチューを作ってくれたので、

   今は それが私の栄養源になっています ほうれん草も添えてさらに栄養満点に!

シチュー
    ケイタイ


今朝も、出勤前に ダンナと一緒に食べました♪ もう一日楽しめそうだし、明日のお楽しみデス

 
      あぁ~あ。。。 ダンナの次の休みが待ち遠しい。。。
スポンサーサイト

2009.07.01 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。