上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
2014年。登り納めは、もちろん塔ノ岳。

塔ノ岳
2014年12月30日(火)今年19回目・あーちゃん塔ノ岳登頂166回目(前回12/26)

前日。

私:「明日はお山に行くからね。」

娘:「やったぁ~!おやま、いくー!あのね、あしたのぼりもぜんぶあるくのっ。」

夫: (゚ロ゚;)!!・・・・・(´・ω・`)ショボン


娘:「もーすぐ5さいだから、くらくてもコワくないのぉー!」

とは言っていても、家の玄関から車まで暗いのが怖くで抱っこ移動の娘が、

実際に歩くとなったら、やっぱり止めておくって言うんだろうなぁと思っていましたが、

ヘッドライトを大喜びでつけ、まだ日の出前の暗い中張りきってスタート。


明るくなってきました。急斜面も高い段差も、ペースを落とさず登っていきます。

塔ノ岳

歩き始めてから、2時間経過。

ベンチの霜を手袋で触って観察中。なんだか不満そう、ヤな予感。
塔ノ岳

・・・やっぱり手袋とった ここからチョコベビータイム。
塔ノ岳

まだまだ平気と、マイペースで歩きます。
塔ノ岳

風もなくて陽射しがある所はポカポカなんだけど
塔ノ岳

馬の背より上は、前日の雨が凍結していてツルツル。

ひとりで歩きたいと愚図る娘の手をがっちりと握りしめ、慎重に進みます。
塔ノ岳

塔ノ岳山頂に到着。うっすらと積もる雪に駆けより、嬉しそうにさわっていました。
塔ノ岳

尊仏山荘に入り、休憩。もうひとつの自宅かのようにくつろぐ娘。
塔ノ岳

ぜんぶひとりで歩けたんだよと、Hオーナーに嬉しそうに話していました。

そして、下りももちろん歩くと。気温が低い為、馬の背まで結箇所は融けていません。

花立からようやく泥々になってきました。
塔ノ岳

花立山荘横のベンチで休憩。

娘:「きゅーけい、したいの。」 ちっとも立ち上がろうとしません。

さすがに疲れてきたよね。無理はさせたくないので、

背負子に乗ろうと勧めるのですが断固拒否。絶対に嫌だと。

それでもそれ以降途中、何度も何度も座り込んで、「きゅーけいしたいからあ。」と言います。


萱場平のベンチでは。。。
塔ノ岳

あくびしてるし、完全に眠たくなってるよね・・・?

どさくさまぎれに、隣で横になり寝ようとするダンナ。

「先に下りてるから。」と少し先に進み隠れていると、渋々起き上がり歩きはじめました。

娘:「なんか、ここのへん(お腹の横)が、すこしいたいの~。」

私:「え!?トイレじゃない?」 

娘:「でも、がまんできるのぉ。トイレじゃないの。へいきだからっ、あるきたいのっ!」

山頂でも花立山荘でもトイレには寄ったんだけど、トイレなのかなぁ

それでも自分で歩くと聞かない娘を説得し、背負子へ乗せました。嬉しそうなダンナ


すると、3分もしないうちに。ZZZZZZZZ.....

塔ノ岳

結局、登山口まで、ぐっすり熟睡していました。

急いで自宅へ お腹も大丈夫そうでホッとひと安心。

娘:「のぼり、ぜんぶあるけたよ~!」と、ご機嫌。


2014年は、山に行く回数もめっきり減ってしまいましたが、

着々と心身共に成長している娘の姿を実感する事ができた山納めとなりました。


2015年もかわらず、家族で山へ通い続けたいと思います。

本年も、よろしくお願いいたします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

年末年始、全く休みがなかったダンナ。

なので、登り始めはまだ行けていません

2日は夜勤の合間でしたが、年始の挨拶に、じいじとばあばの家へ出かけました。
正月
皆で初詣。料理もご馳走になりお正月気分を味わうことができました。美味しかった♪
正月
スポンサーサイト

2015.01.10 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。