上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
雪の中に埋もれながら、夢中で雪遊び。

塔ノ岳
塔ノ岳からの直下は、岩がゴツゴツしていて普段からより慎重に下るのですが、雪があるので逆に安心です。
塔ノ岳
危ない場所では、腰を下ろさせ雪のすべり台にして進ませます。

雪まみれになり、いいの?いいの?という顔をしながらも、楽しそう。
塔ノ岳
表尾根も、登山道の雪はしっかりと踏み硬められています。

雪にお絵かきしたり、雪のかけ合いっこをしたり。。。
塔ノ岳
平坦な道では、走って追いかけてきます アイゼンで、よく走れるね。

危ないから、ゆっくり!と声をかけるのですが、都合の悪い事は聞こえません・・・。


娘:「よーっし、やっけてやるからなぁ~!(バイキンマン風)」

私:「うわぁ~、たすけてー!」

塔ノ岳

その度に、「キャーーー!!!(歓喜の)」と叫んで声を上げます。


元々表現の豊かな娘ですが、こんな風に「キャーーー!!!」と喜んでいるのを、初めて見ました。
塔ノ岳
下りも、すごく急な坂や段差の大きい階段意外は手を振り払われてしまいます。
塔ノ岳
大倉尾根の下りを何度も歩かせているので慣れてきたんだと思います、一度も転びませんでした。

新大日手前の上り。さすがに、ちょっとテンションが下がっていましたが、私が先に進んでいくと追いかけてきます。
塔ノ岳
ベンチがあるからチョコ休憩しよう、頑張れ!

そういえば、雪に夢中で下りではお菓子をほとんど食べませんでした。
塔ノ岳
新大日のベンチで、チョコ休憩。ベタベタ雪だけど、アイゼンは着けておこう。
塔ノ岳
陽当たりが良いので、地面が露出している個所も出てきました。

石や岩がゴツゴツしているし、アイゼンを引っ掛けてしまうと危ないので娘の軽アイゼンだけ、とりあえず外します。

やはり、外した途端に滑っていました。娘の手をしっかりと握り、進みます。
塔ノ岳
冷たい風が時々強く吹き、ブルブルブルと凍える。

ここから背負子に乗るよと言うと、「まだ、あるけるのに~」と不満そうでしたが、

チョコを食べさせ、少しだけ雪遊びをさせ、背負子へと促しました。大人しく乗ってくれます。
塔ノ岳
年内に、これだけの雪道を楽しめるとは。

山が大好きな娘への、最高のクリスマス登山となりました。


夜は、牛肉&鶏肉のキノコと野菜たっぷりスキヤキ(白菜・葱・大根・春雨・焼き豆腐・えのき・舞茸・もやし・春菊)
塔ノ岳
体もポッカポカ。次の日、うどん・おじやと美味しくいただきました。

~~~~~~~~~~
娘のコースタイム
萱場平~塔ノ岳 2時間45分
塔ノ岳~書策小屋跡地 2時間20分
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

イブからの3連休で、山にも行けて、ゆっくりと過ごす事ができました。

連休3日目は、事前に私が印刷しておいた年賀状に、それぞれメッセージを書き込み郵便局へ。ほっ。


夕方は、娘の定期眼科へ(3回目)。

初め0.0以下、2回目で0.2へ。そして今回、0.4まで視力UPしていました。

頑張って付けてるからだよ、もっともっと見えるようになからねと抱きしめると、

娘は「あーちゃん、パッチシールまたがんばるからねっ!」と言ってくれました。また一ヶ月、一緒に頑張ろうね。
スポンサーサイト

2013.12.28 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。