上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
今シーズン初の、雪歩きを楽しんできました。
塔ノ岳
2013年12月25日(水)今年43回目・あーちゃん塔ノ岳登頂147回目(前回12/16)

この日で、今年は登り納め。19日20日と降った雪、どのくらい残っているのか心配でしたが、

想像していた以上にあり娘は大喜び。娘に、たっぷりと雪遊びをさせてあげる事ができました。


雪歩きの準備も万端、早く起きてなるべく早くスタートしたかったのですが、目覚ましをかけ忘れ寝坊

娘を背負子に乗せ歩きはじめると、5分でぐっすり寝てしまいました。どうか、雪が残っていますように。


1時間近く寝た娘が目を覚ましたところは、以前ダンナの肩が痺れてしまった場所。

いつも背負子から下ろす所から100メートルほど手前。痺れが治まるのを待つよりも、

娘にゆっくりでも歩いてもらおうという事になり早めに背負子から下ろした所です。


娘:「あぁー、つかれたぁー。はぁ~(ため息)」


今の今まで熟睡していたのに、疲れている訳はありません。

これは、娘の背負子から下りて歩きたいという、アピール。広く安全な場所で、背負子から下ろします。

登山道にはありませんが、その両側には融けずに残っている雪があり落ち着かない様子。

そのうち、座り込んではかき集めているので、なかなか先に進めません。

上にいけば、もっと沢山の雪があるから行こうと話すのですが、今目の前にある雪にしか興味はないようです。
塔ノ岳
なんとか説得し、立ち上がらせて歩かせます。

そうしている内に、猫のお兄さんが追いつきました。

この日登る事をお伝えしたら、わざわざコース変更し、娘に会いに来てくださいました。

行きの車の中で「ネコのおにーさん、どこにいるの~?」と聞いていた娘は、

時々チラチラと振り返っては後ろで見守るお兄さんの事を気にしていました。
塔ノ岳
花立山荘の横のベンチで、いつものデザート休憩。

猫のお兄さんからのクリスマスプレゼントに、目を輝かせます。ありがとうございます。
塔ノ岳
さあ、出発です。まだ、アイゼンは着けなくてもよさそう。
塔ノ岳
塔ノ岳
チャンプとも、久しぶりにお会いしました。

わざわざ娘の所まで近づいて来てくださり、「よくきたね」と握手。
塔ノ岳

花立でアイゼンを着けようか迷っていると、ちょうど下ってこられたご常連の方が

この先は結構雪が残っているよと教えてくださいました。すぐに、私はアイゼンを着ける準備をします。

それを見ていた娘、「わたしも、トゲトゲのつけるのー!」と泣き出します。娘にも、軽アイゼンを着けました。

娘の軽アイゼンは、モンベルのコンパクトスノースパイク(フリー・21.5~30cm)8本爪。

かかと側にもベルトがあり、靴のサイズは17cmですがズレる事なく、しっかりと固定できました。

こんな感じ。。。
塔ノ岳
娘の大好きなロープのある場所、凍結注意です。やっぱり、着けてよかったね。
塔ノ岳
この道の隣に作っていた新しい道ですが、手すりも付けられて完成みたい。
塔ノ岳
でも、怖くて危険を感じ渡れませんでした。


マンボウの木と娘との猫のお兄さんによる撮影も無事に終え、金冷しでお別れです。

アイゼンの靴で上手に歩けるか心配していましたが、

まるでアイゼンを着けていないかの様に普通に歩いてくれ、ホッと一安心。

金冷しを過ぎると、雪の量はぐんと増えてきます。雪の中に両手を埋めて大はしゃぎ、やはり中々先には進めません。
塔ノ岳
やっと歩き出したかと思えば、すぐにこうです。
塔ノ岳
・・・・・でも、気持ちはすごく分かるよ。

雪遊びができるように、スキーコーナーで購入しておいた手袋は大活躍。

手袋が嫌で外してしまいますが、雪を触るためには手袋をしないと触れないので、

外してしばらく経つと「ママァ、てぶくろ・・・」と嫌々(笑)着けてくれました。

ご常連の方達が、次々と下山してこられます。声をかけて励ましていただきます。ミー君、待ってるよと。
塔ノ岳
塔ノ岳山頂に到着。目の前にある尊仏山荘も、雪遊びに夢中の娘には、遠い遠い距離。

小屋番のWさんお会いするのも、かなり久しぶりです。

ミー君と触れあい、今年は今日で登り納めですとご挨拶をし山荘を出ました。
塔ノ岳
ミー君、よいお年を。来年も、また会いに来るね。

外に出ると、すぐに雪の中に座り込んで雪遊び開始。

雪だるまを作りたいけど、雪がサラサラすぎて丸く固まりません。

よし、表尾根へ下りて歩きながら雪遊びしよう。娘は、「やったぁ!おもておね、いく~!」と張りきります。


後半へ続く。。。
スポンサーサイト

2013.12.27 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。