上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
蒸し蒸し、歩きづらいスタートとなりました。

塔ノ岳・日高
         ヤマホトトギス
(写真は全てクリックで拡大できます...)

2013年8月22日(木)今年34回目・あーちゃん塔ノ岳登頂138回目(前回8/14)

朝からその日の夜も徹夜で会社から帰れなかったダンナ、心配で明け方娘と会社まで迎えに行きました。

午後から雷雨予報が出ていた事もあり、木曜日に延期。おかげで、久しぶりにお会いできた方や初めて

ご挨拶以外でお話する機会があったりと、またまたご常連の皆さんに沢山の元気を頂いて帰ってきました。


この日も、相変わらずの蒸し暑い熱中症注意予報。

アブの攻撃を受け急いで準備をし歩き始めたものの、風がなくかなりの蒸し暑さです。

娘を背負っているダンナは、かなりの汗の量で30分40分と経過する度にペースが落ちてきました。

背負子の娘はというと、ご機嫌でお気に入りのハロウィンの曲を口ずさみ歌っています。

次に山に行ける時には、きっとホトトギスの花が咲いているのが見れるよと話していたので、

娘:「ママァ、なまえわすれちゃった・・・なんだっけ、なんてゆーの?」と

何度もホトトギスの名前を確認しては「ホトトギス、さがしてあげるね!」と張りきっていました。

咲いているのを見つけたんですが、背負子の中からだとよく見えない様で、

「みえないよ~みえない~(泣)」とムッキーと怒っていましたが

たくさん蕾や花を付けているのを自分の目ではっきりと確認出来た時には、すごいすごい!と大喜びでした。

塔ノ岳・日高

今日も元気に歩きだします。4月以降お会い出来なかったご常連夫妻の奥様とお会いし、

山頂までご同行していただく事となりました。3歳になってから特に強くなってきた、

『何でも自分でやりたがり屋』さんが本領発揮。ガレ場ではほとんど手を繋がず、

ひとりで登るから!とよじ登っていきます。そして、花観察も忘れません。

「マルバダケブキ」「ホタルブクロ」覚えたての「ホトトギス」「アザミ」など、

根気良く娘に話しかけ「これは何?」と聞いてくださる奥様に、嬉しそうに花の名前を答えていました。
塔ノ岳・日高
        トネアザミ(別名:タイアザミ)

娘:「ハートのかたちしてるよ!キツネさんのおかおみたい~♪」
塔ノ岳・日高

こういう発見も、楽しいよね。


突然娘が「ママ、Tしゃんじゃない?」と言うので振り返ると、少し離れた下の方にご常連のTさんの姿が。。。

足元を見ながら登ってこられているので当然お顔は見えなかったんですが、帽子にタオルと間違いなくTさんです。

「Tしゃ~ん!おはよございま~す~」と嬉しそうに手を振る娘でした。

塔ノ岳・日高
塔ノ岳・日高
塔ノ岳・日高
      オヤマボクチ

花立山荘の手前の階段でいつもの甘え抱っこ。

少し抱っこすると満足して降り再び元気に歩きます。

花立までくると、「ママァ、シナモンちゃん」と言い出します。これもいつもの定番。

背負子の中で毎回30分ほど寝るんですが、この日はホトトギスを探すんだと一睡もしていません。

グズグズ愚図りテンションが下がっていたので「ひとつだけだよ」と言って、

小さなチョコレートを口にほおり込みました。幸せそうな満面の笑顔の娘、

チョコレートパワーで再びテンションを上げ歩きだします。

普段は一切チョコはあげていませんが、山に来た時だけの特別のおやつ。こういうお楽しみも大切だよね。

塔ノ岳・日高
      ゲンノショウコ      
塔ノ岳・日高
      トンボソウ

青空だった天気もガスりはじめ、時折吹く風のおかげで、蒸し暑さも和らぎ助かりました。

国外を含め色んな山へ旅へと出かけられているご常連の方とも、久しぶりにお会いする事ができました。

お顔を見た瞬間すぐに気がついたのですが、モジモジとしている内にその方から声を掛けていただきました。

今までも大倉尾根でお会いしてはいましたが、ご挨拶以外に言葉を交わしたのは初めてだったので嬉しかったです。

塔ノ岳・日高
赤く色づきはじめたミミガタテンナンショウの実、先に進んでいた私たちの後を追いかけてきて教えてくれました。


尊仏山荘にて休憩。

休憩されているご常連の方達、皆さん、今日は蒸し暑くて辛かったとおっしゃっていました。

私も、あまりにもの蒸し暑さで食欲がわかず無理しておにぎりを食べましたが、

娘はというと、上りでパンやお菓子、ゼリーにチョコ、果物と次々に補給しながら歩いてきたので

さすがにお弁当は食べれないだろうなと思っていましたが、半分ほどですが食べてくれました。

お楽しみのチョコレートを食べたくて食べたくて、満面の笑顔でアピール。

でも、その食欲のおかげで元気に最後まで歩けているんだろうなと。娘の食欲の良さに感謝です。

塔ノ岳・日高


ミー君にお相手をしてもらい、元気の充電MAXになった娘。

天気の様子を見て『日高』まで行こうかと聞くと、「いくー!」と大喜び、『日高』まで足を伸ばす事にしました。


娘:「ママァ、あそこにオレンジいろのおはながさいてるよ~」遠くに何か見つけたようです。

あまりにも遠く離れていたので、肉眼では花なのか葉なのかな?と判断できないほど小さいものでした。

「あれは、おはなだよ!」と言うので、何だろうとものすごく気になったのですが、

この日ご同行しくださっていた奥様が見てくるわと、その場所まで行ってくださいました。

初めてみる花だと言われたので、どこにでもついてきたがる娘の見ていない隙にと

その場所まで行き写真におさめてきました。
塔ノ岳・日高
自宅に戻り調べると『丹沢自然図鑑』に載っているコウリンカという花にとてもよく似ていました。

娘に花の写真と見せると、「うん、ママっ、これだね、これっ!」と言っていました。本当に花が大好きなんだね。


後半へ続く。。。

~~~~~~~~~~

娘のコースタイム
萱場平~塔ノ岳   2時間09分
塔ノ岳~日高    44分
塔ノ岳~萱場平   1時間35分
スポンサーサイト

2013.08.24 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。