上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
梅雨明けの猛暑日、暑かったぁ


塔ノ岳・丹沢山
   タマアジサイ
2013年7月9日(火)今年28回目・あーちゃん塔ノ岳登頂132回目/丹沢山6回目(前回7/2)

先週の山行後に体調を再び崩し(私)、当初月曜日に登る予定でしたが1日伸ばしました。


歩きはじめから、汗が顔からボトボトと落ちます。

熱中症を警戒し、いつもよりペースを落として水分補給も20分おきに小まめに摂りながら進みます。



この暑さの影響か、登山者の数は随分少なく感じました。

※この日、猛暑になるとの予想だったので、持っていく水分の量も増やし

(家族3人分)500mlのペットボトル・ポカリ5本お茶3本サイダー3本の

合計5.5リットル用意し、下山後には1リットル弱余ったんですが、

帰り道にはそれも飲んで無くなったので 次回からはさらに1リットル追加するつもりでいます。

<7月9日の背負子の重さ・娘16.3 キッドコンフォートⅲ3450 水5.5 プラスα = 約26キロ>



いつもの場所で背負子から下ろそうとしましたが、その少し前から 大きな蜂にしつこくまとわりつかれ、

(スズメバチの顔とは違っていたような・・・5センチくらい、茶色で中くらいの太さの蜂でした)

虫が苦手な娘は、ダンナの頭に蜂がとまって号泣。とにかく背負子から下りようと言っても

背負子にしがみついて離れず、何とか下ろせたと思ったら今度はパパの足に泣きながらしがみつき号泣です


蜂の飛びまわるその場所から少しでも離れたいので、蜂さんの来ないところに行こうと

宥めてようやく歩き出してくれました。さすがに今回の蜂は大きくて怖がる気持ちは分かりますが、

このところ虫嫌いが益々酷くなってきて小さな虫にまで怯えてしまうので、少し困っています。

虫が載っている図鑑本は、平気どころか喜んで見てるのになぁ


フワフワと団扇で虫さんを飛ばせば大丈夫よと言うと、団扇を持ちご機嫌に。

塔ノ岳・丹沢山

小さな虫に怯えながらもニガナやフジイバラにシモツケなどの

花の写真を撮る私の隣で、一緒になって覗き込み観察していました。

娘:「 ママァ~、 はくちょう(白鳥)さんのき(木)があるよ! 」

塔ノ岳・丹沢山
塔ノ岳・丹沢山
    フジイバラ
塔ノ岳・丹沢山
    シモツケ


ご常連のTさんに会いご挨拶。花立山荘でデザート休憩。

蝶がヒラヒラと飛んでるのを見つけ始めは嬉しそうに眺めていたのですが、

その蝶が娘の方に近づいてきたとたん、ギャァ~~~~~と叫びます。

「 ママァっ、いっつ、ばぁ~たふらぁ~い<It is butterfly>」と大パニック

大丈夫だよ、怖くないよと言っても、「 いっつ、ばぁ~たふらぁ~い~、いっつ、ばぁ~たふらぁ~い~」

何度も何度も言うし、本気で怖がりながらもそこは英語なんだと、こちらは笑いを堪えるのに必死でした:笑


眠たくなってきたからおんぶしてと娘が言い出します。

前日、昼寝もしないで川遊びをたっぷりしたこともあり、眠たそうです。

でも、パンは食べたいんだって。この暑さで、よく食欲がわくね。だから、あーちゃんは元気なのかな...

塔ノ岳・丹沢山


今年、マルバダケブキは芽が出ずダメなようです。

塔ノ岳・丹沢山
   マルバダケブキ

花立に向かっていると、雲の隙間から太陽がでてきてジリジリと陽射しが強くとにかく暑い
塔ノ岳・丹沢山

馬ノ背は木陰になるので、ほんのひとときの涼を楽しみます。


金冷しを過ぎると、毎回観察しているミミガタデンナンショウの事が気になって仕方ないあーちゃんはソワソワ。
塔ノ岳・丹沢山
    ミミガタテンナンショウ

緑の実がいっぱいになってきたと喜んでいました。

塔ノ岳・丹沢山
    タゴガエル


今年当たり年のバイケイソウは、まだまだ楽しめます。

塔ノ岳・丹沢山

いつもより30分オーバーで塔ノ岳山頂へ到着。

塔ノ岳・丹沢山

別荘にいたミー君が来てくれて嬉しそうに撫でる娘でしたが

塔ノ岳・丹沢山

すっかり娘の怪獣声に馴れてきたミー君。娘の足に擦り寄ろうと積極的に近づいてきます。

そんなミー君に、「 ギャ~~~ 」 と逃げまわり大パニック

さんざん今まで撫でては触ってきたのに、 ??? というような表情をして娘の事を見ていました。

塔ノ岳・丹沢山


暑さも厳しいし日高辺りまでの散策にしておこうかと、とりあえず娘を着替えさせようとするんですが

着替えないと拒否・・・。着替えないと丹沢山へは行けないな、連れてかないからね!と言うと、

大慌てですぐに着替えするからと小屋番のWさんにお部屋かしてくださいと声をかけにいきました。


ということで、無事に着替え終わった娘は、山荘内に響く声で

娘:「 たんざわさんへ、れっつごお~! 」と叫びます。聞いてた皆さん、大笑い。

・・・・日高のつもりだったけど、丹沢山に今日も行くかな。。。

塔ノ岳・丹沢山


後半へ続く。

~~~~~~~~~~
娘のコースタイム

萱場平~花立山荘 1時間05分
塔ノ岳~塔・日高の中間 24分  
竜ヶ馬場~丹沢山との中間 25分
スポンサーサイト

2013.07.12 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。