上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
本降りになってきたので、日高手前で塔ノ岳へと引き返すことにしました。

塔ノ岳
2013年6月25日(火)今年26回目・あーちゃん塔ノ岳登頂130回目(前回6/18)

どんどんと降りが強くなりますが、水溜まりにジャバジャバと足を入れて

堂々と水遊びが出来る娘は大はしゃぎです。

塔ノ岳

私達はというと、いつも以上に娘が足元を滑らせないかと神経を遣いヘトヘトでした

階段で沢のように流れ落ちてくる泥水に、ケラケラと大笑い。雨の山道も楽しんでくれてよかったです。

塔ノ岳

山荘に戻り娘を全身着替えさせ、私たちは身体を温める為にコーヒーを注文。温まります。

ミー君は、カリカリご飯が残っているのに食べないらしくて

W田さんに、沢山残してあるのから食べないとダメでしょうと言い聞かせられていました。

でも、ミー君もかなりの時間粘っていて置物のように動かず、

たまに「 ニャァ~ニャ、ニャ、ニャ、ニャッ。。。」 とおしゃべりします。

ミー君があんなにおしゃべりしている( 鳴いている )のを聞いたのは初めてだったで新鮮でした。


ミー君の事がとても素敵に描かれている本、読んだよ。また、会いに来るね。


下山。雨は上がっていました。

塔ノ岳

フキの葉、あーちゃんの傘になりそうなくらい大きいね。


バイケイソウの花、沢山開花していました。

塔ノ岳

あまりにも綺麗に咲いていて、しばらく家族3人で立ち止まり見惚れてしまいます。

塔ノ岳


ここまで、眠たいはずなのに自分で歩きたいの!と粘ってきた娘でしたが、

気持ちとは反対に足が進まなくなり、おまけに怪獣に変身=言うことを聞かなくなってきました・・・。


おんぶする?と聞いてみると、「 うん・・・。 」 頷きます。


ご褒美のチョコレートに満面の笑顔。

塔ノ岳
塔ノ岳
    キバナウツギ
塔ノ岳

チョコレートのあとは、下山時のお楽しみ「かっぱえびせん」も忘れていません。


小さい声で 「 ・・・( ボソボゾボゾ )・・・しぇん、えへへへへ 」

私:「 え?大きな声で言わないと聞こえないよ? 」

娘:「 ん~と、ん~と、( ボソボソボソボソ )・・・しぇん・・・えへへへへ。」

私:「 もういいわっ:笑 かっぱえびせん、食べたいの? 」

娘:「 う~ん そうなのぉ、かっぱえびせんがたべたいのぉ~おねがいママァ♪ 」 


それにしても、よく食べますね。


満足娘は、その後ぐっすりと熟睡。1時間半、ピクリとも動きませんでした。

歩いている時間はいつもの3分の1だったけれど、雨の中でいつも以上に体力使ったことと思います。

本当に、よく頑張りました。


塔ノ岳
塔ノ岳
   オノエラン

雨で濡れた登山道、木の階段やぬかるみで滑りやすくなっているので、慎重に慎重に時間をかけて下ります。


帰宅時間が遅くなってしまい、大慌てで夕食の準備。

最近ハマっている豆腐ハンバーグ。もちろん、大根おろしをたっぷりかけ、ポン酢でいただきます。

Cpicon 秘密の豆腐ハンバーグ by ユミころ
塔ノ岳

ダンナは、チャーハンを作ってくれました。ごはんの粒がパラパラしててすごく美味しかった。ありがとう。

塔ノ岳

義父が先日植えてくれた、イタリアンパセリ(他・パセリとシソも植えてくれました。)を使った簡単サラダ。
塔ノ岳

トマトは、プランター栽培しているトマトです。初収穫
tomato


お腹もいっぱい。山に行った日のご飯やは、また特別美味しいです


娘はこの日、最近覚えた花の名前、

「ミミガタテンナンショウ」「ヒトツバテンナンショウ」「フタリシズカ」

という名前を順番にずっと復唱しながら歩いていたのですが、

最後登山口に着いた頃には新たに「バイケイソウ」という名前も加わっていました。

この日のバイケイソウの花がよほど印象に残ったようです。


寝る前も、お気に入りの本『ネイチャーガイド 丹沢の自然図鑑』を、ずっと開いて見ていました。


雨で丹沢山に行けなかったとブツブツ言っています また歩きに行こうね。
スポンサーサイト

2013.06.28 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。