上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
丹沢山へ向かって出発。


塔ノ岳・丹沢山
2013年6月18日(火)今年25回目・あーちゃん塔ノ岳登頂129回目/丹沢山4回目(前回6/10)

塔ノ岳まで登るまでは比較的虫が少ないなと感じましたが、

塔から丹沢山への道の間は小さな虫がいっぱい飛んでいました。


怖がり娘ですが、景色を見ながら夢中で歩いているので、それほど気にならない様子。


咲いている花を見つけては、「 みてみて~! 」 と教えてくれます。

塔ノ岳・丹沢山
塔ノ岳・丹沢山
   ミズキ

この花、あちこちでいっぱい咲いていました。



振り返り尊仏山荘を確認。

塔ノ岳・丹沢山

娘:「 あそこからここまで、あるいてきたんだよぉ~! 」 と驚いていました。


何度歩きにきても飽きないこの景色。娘も嬉しそうに進んでいきます。

塔ノ岳・丹沢山
塔ノ岳・丹沢山
   バイケイソウ。

竜ヶ馬場で休憩。


そして、残り丹沢山山頂まで歩ききりました。

娘:「 かみさまに、こんにちは~してくるねっ! 」 

塔ノ岳・丹沢山

ベンチ横のサラサドウダン、まだまだ綺麗に咲いていてくれました。

塔ノ岳・丹沢山
   サラサドウダン

ちょうど休憩中陽が射して、暑かったです


しっかりと娘水分補給させ、塔ノ岳へと帰ります。


「まだあるけるの!」と泣きだすで、様子を見ながら帰り道も歩かせることにしました。

泣かなくてもいいでしょうと言ったら、よけいに泣いてしまいました。

強引に背負子に乗せられてしまうと思ったようです


塔ノ岳・丹沢山
   クルマムグラ

とはいっても、暑さと歩き疲れで足元はフラフラ。

急な下りでは抱っこをしたり、膝に負担をかけないようにしました。


竜ヶ馬場まで戻ってくると、娘も自分の中でキリがついたのか、ようやく背負子に乗ることを承諾してくれました。


娘:「 あのね、あーちゃん、すご~く、よくがんばったのっ 」 


本当はもう少し歩きたいけれど、そう言って自分の気持ちを納得させているような感じでした。


私:「 すごくすごく、よく頑張ったよ! 」 

娘:「 うんっ、ありがとう、ママァ♪ 」 ぎゅーっと抱きしめました。

塔ノ岳・丹沢山
塔ノ岳・丹沢山
   オオイタヤメイゲツ
塔ノ岳・丹沢山
    シロヤシオ

背負子の中ですぐに寝てしまい、尊仏山荘に着いた時もぐっすり。

下りも背負わなければいけないので、身体を伸ばさせたいと寝ている娘を起こします。


目覚めてすぐに、バナナ1本をペロリ食べてしまいご機嫌。


塔ノ岳からの下りも背負子でしたがずっと起きていて、

娘:「パパっ、あぶないでちょっ」とか、「はち(走)らないでよぉ~もうぉ~」とか、いちいち文句を言ってました(笑)


最後まで元気いっぱいだったのは、娘だけ・・・。



この日、家族3人で飲む飲料を(スポーツ飲料5+お茶1+炭酸1)3.5リットル持っていきましたが、

丹沢山から塔ノ岳に戻ってきた時に、山荘でペットボトルのお茶とサイダーを買い足しました。

前回までは、充分足りてたのにね...反省。 次回からは、もっと本数を増やさなければと思っています

~~~~~~~~~~

娘のコースタイム:  

萱場平~花立 1時間03分
塔ノ岳~丹沢山 1時間33分
丹沢~竜ヶ馬場 27分
スポンサーサイト

2013.06.23 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。