上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
シロヤシオ。見に行ってきました。

塔ノ岳


2013年5月27日(月)今年22回目・あーちゃん塔ノ岳登頂126回目(前回5/22)

朝から私の体調が悪くて延期するか迷ったのですが、塔ノ岳北側のシロヤシオが

見頃になっているとの情報を教えていただき、どうしてもあーちゃんに見せてあげたいと出かけることにしました。

塔ノ岳
  ヤマツツジ

いつもの場所で背負子から下ろします。

塔ノ岳

元気いっぱい駆けだしますが、おもいっきり転んで号泣

この日は転びdayで、この後4回連続転んでいました

どんどんテンションが下がっていく娘。私にベッタリ離れず、ずっと手を繋ぎ歩きます。

塔ノ岳

花立山荘手前の階段にくると、今度は「 パパ、だっこ 」。

娘:「 パパ、だぁ~いしゅきよ♪ 」 と調子よく言われ、バテ気味だったダンナも幸せそう。


花立山荘前でデザート休憩をし、元気も戻り花立へ向かいます。

塔ノ岳

馬の背のトウゴクミツバツツジ。
塔ノ岳

すでに咲いている木もありますが、この木は開花間近です。楽しみ。

金冷しを過ぎると、やはりペースUPします。山頂が近づいているのが分かるんだね。

塔ノ岳

登山道に咲く花を見つけながら、歩いていきます。


娘:「 ママァッ! これみてぇ、テンナショッ、テンナショッだよっ 」 


・・・???・・・あっ!

塔ノ岳
 ミミガタテンナンショウ


『 ネイチャーガイド丹沢自然図鑑 』 を、度々開いては見ている娘。

前回の山行後、パパとふたりで見ていた時に写真を見て覚えたみたいです。よっぽど印象に残ってたんだね。

塔ノ岳
   クワガタソウ


尊仏山荘に入り休憩。

塔ノ岳

ミー君にお相手してもらい、嬉しそう。

山荘内では、シロヤシオが話題になっています。

私たちも、さっそく塔ノ岳北側のシロヤシオを見に行く事にしました。

塔ノ岳

ちょうど見頃じゃないかというくらい花開いていて、娘は大喜び。

一緒に写真を撮りたいと大はしゃぎ。来てよかった。

塔ノ岳

さあ、私の体調もよくないので塔ノ岳へ戻り下山しようと娘に話すと

娘: 「 たんざわさんはあ~? たんざわさん、いきたいのにい~:泣 」 と泣き出してしまいました。


今日はママの体調が悪いから丹沢山は無理なのよと説明しても、行きたいと泣いて動いてくれません・・・。


私:「 ママは行けないから、パパとふたりで行くしかないよ。それでもいいの?」

と聞けば、当然「 ママといたい~ 」 と諦めるかと思っていたら・・・

娘: 「 んーと、んーとぉ~。じゃあ、パパとふたりで・・・・ムニャムニャムニャ... 」


・・・・・ママ、おいてきぼりですか・・・・・まあ、いいけどね...ブツブツ...

何とか言聞かせて塔ノ岳へと引き返し始めたものの、メソメソ泣き続けます。

すれ違う方達が心配そうに声をかけてくださいましたが、丹沢山へ行きたくて泣いているとは誰も思わないだろうね


山頂に戻ってきてもグズグズ泣き止まず、魔法のチョコレートでようやく涙が止まりました。



外に出てきたW林さんやお兄さんにご挨拶し、下山開始。

塔ノ岳
塔ノ岳

マンボウの木( 娘が勝手にそう呼んでいます。) にも、また会いにくるねと話しかけます。



いつもより早起きした娘は相当眠かったようで、足元がフラつきはじめました。

花立山荘の少し手前で背負子に乗せます。 すぐに、グッスリ。

塔ノ岳

花が大好きなあーちゃん。

シロヤシオを見てよほど楽しかったようで、毎日シロヤシオの話しをしています。

そして、その度に「丹沢山へ行きたかったのに」と言われてしまいます。


梅雨入りし、これから山の午後は雷も心配な季節。

天気の様子を見て、また丹沢山へ連れて行ってあげなきゃなと思っています。


北側のシロヤシオ、ちょうど見頃になっていて、とても綺麗でした。

~~~~~~~~~~~~~~~

娘のコースタイム:  

萱場平~塔ノ岳(休憩含む)2時間
塔ノ岳~花立山荘少し手前 46分
スポンサーサイト

2013.05.31 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。