上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
1300メートル付近でも、トウゴクミツバツツジが咲きはじめていました。

塔ノ岳
2013年5月22日(水)今年21回目・あーちゃん塔ノ岳登頂125回目(前回5/15)

いつもの場所で背負子から下ろします。

すると、ここで一旦着替えをするパパの世話焼きがはじまります。

塔ノ岳

ストックや軍手を手渡して、忘れ物がないかチェックする娘。ママ役だったのに、すっかりと奪われてしまいました。

塔ノ岳

ガレ場まで、良いペースで進んでくれます。

ご常連の皆さんも次から次へと登ってこられ、ご挨拶。

塔ノ岳

  コケリンドウ。
塔ノ岳

蒸し暑く、娘も私たちも水分補給をしながら進みます。



順調に進んでいくものの、花立山荘手前にある例の階段にさしかかる所で

ダンナが解けた靴紐を結びなおしはじめると...それを見て、すぐに隣にいき座り込みました。 


「 パパの事が大好きなんだね♪ 」 と喜ぶダンナ。


動かないつもりだから、パパ急いでっ!て言ってるのに、のんびり娘の写真を撮ってるし・・・まったくもうっ。

塔ノ岳

ほらね・・・動く気ゼロ・・・。

そんな所に座ってると、おしりに木の根っこが生えてきてとれなくなっちゃうよ~。と言うのですが

首をブンブン振って動きません。気温も湿度も高そうだし、歩きづらいのかなぁと聞くと、そうでもないらしい。

そんな私たちのやりとりを見ていた方が笑っていたら、「 んーっんーっ、んーっ! 」と怒りだしてしまいました


デリケートというか、感受性の強い娘。

パパの方は、可愛さのあまり娘をからかうのが日常ですが、

私はそんなパパをいつも怒る立場なので、自分が笑われてしまったと傷つけてしまったのかも...ごめんね。

まあそれでも、そういう態度を他の方にとるのは やはりいけない事なので、

その後私にしっかりとお説教された訳ですが、娘本人も自分の態度がいけなかったと分かったようでションボリ...

「 パパァ、パパァ~ 」 と、黙って傍観していたダンナの元へと、助けを求めるように飛んでいきました。


おかげで立ち上がってくれたし、娘に甘えられたダンナは大喜びだし、よかったです。



花立山荘前。

塔ノ岳

ガスってきました。 「 きりだよぉ~! 」 と大はしゃぎ。霧を捕まえようと、格闘中。


デザートを食べ、花立へと向かいます。

塔ノ岳
   ツルキンンバイ


金冷しを過ぎると、ここからはペースアップ。

トウゴクミツバツツジが、標高の高い所でも咲き始めています。


Hオーナー曰く、今年のミツバツツジは花付きがよくないそうで、

シロヤシオも咲いている木とそうでない木が分かれているとの事。

全く咲いていない訳ではないので、花の咲いている期間中にシロヤシオを見に丹沢方面へ行けたらと思っています。

塔ノ岳

山頂手前でグダグタ歩きとなりましたが、萱場平から2時間ちょっとで山頂に到着できました。


娘:「 おやま、たのしかったねぇ~。また、つれてきてあげるからねぇ~。 」

まだ、着いたばっかりだけどね まあ、いいか。




尊仏山荘に入り休憩。

最後、ちょっとだけしかかぶっていなかった帽子ですが、オーナーに見せに行きます。

席に落ち着くと、入り口にかけてある山荘のカレンダーが替わっていると娘が教えてくれます。よく気がつくね。


休憩されていたご常連の方が果物を分けてくださったのに、恥ずかしくて顔を隠してしまう娘。

顔を隠した指の間から、何度もチラ見して気にしてるのに。本当に、すみません


そのうち小屋の中も私たち家族だけとなり、写真家・石原氏の出された2冊目の丹沢写真集

「 丹沢 夢風景 」をオーナーが見せてくださいました。それはもう素晴らしい写真集でして、

なによりも娘が一番夢中になって見ていました。四季の風景だったり、花だったり.....


「 これは、なんてゆーおはななのぉ~?」

「 これは? むひょ~だぁ~! 」 

「 おひさまさん、すごいねぇ~! きれいだねぇ~! 」 

「 Hしゃんのさんそう、ここにあるよ! 」とか

「 ここに、あるくところがあるんだよ! 」 とか、私たちよりも先に発見して教えてくれます。


最後まで見終わると、もう一回はじめから見たいと言い出します。

今日はもう時間がないからゴメンネと話すと見たい見たいと涙目。よほど気に入ってしまったようです。

塔ノ岳

着替えから戻ってくると、テーブルに置いてあったパパの携帯を見つけ即座にゲット。

絶対に離しませんとばかりに逃げまわり、完全にパパをおちょくっている娘でした。



下山。

歩くの~と、まだまだ元気いっぱい。

塔ノ岳

上ってこられる方達に、元気に挨拶しながら下りていきます。

ある方が「 ねずみがいるよ! 」 と教えてくださいました。

逃げまわる小さなネズミ。でも、逃げ込む穴がないため、あっちにこっちにと何度も姿を現します。

そんなネズミを、かわいい~!と姿が見えなくなるまで観察していました。

塔ノ岳

金冷しに来ると、娘:「 どっちにいくんでしょーかっ? 」 と質問。鍋割山方面へ行きたいんだね。。。

「 こっち... 」 と大倉方面を指差す私に、聞こえませんとばかりに何度でも聞いてきます


今日は時間がないの。と言聞かせても動かないので、ダンナにまかせて先に下りました。

霧が濃いのもあり私の姿がすぐに見えなくなると、諦めてようやく歩きだした様子。


娘を待ち、一緒に歩きます。後ろからチャンプが来ました。

塔ノ岳

チャンプの手には、チョコレートが握られています。

私たちが歩いているのを見て用意してくれていたみたい。

とにかく明るくて気さくなチャンプ。いつも、ありがとうございます。


足元がフラついてきたので、花立山荘の所で背負子に乗せます。ぐっすりと熟睡。

塔ノ岳


帰宅。夕方には出勤しないと行けないので、大慌てで夕食の準備をはじめます。

今日見かけたネズミの種類なんだろうねと話していると、ささささっと

本棚から娘が持ってきたのが 『 ネイチャーガイド 丹沢 自然図鑑 』 という冊子でした。

そうだ、この本があったじゃん。すっかり忘れてました。娘の方が、本当によく覚えています。

パパ娘、ふたり並んでしばらくその本を見ていました。



ご近所さんから苗をいただきプランターで育てているサニーレタスが、

どんどん成長して、これで採るのは3回目。毎回、こんな風にボールいっぱいになります。

しばらくは、採りたてのレタスを楽しめそうです。

塔ノ岳

時間もないし、簡単なものしか作れず

塔ノ岳

山行の夜は、できればゆっくりと山の話しをしながら3人で食事したいけど

寂しいけれど、お仕事だから仕方ないよね

仕事に出かける準備をしているのを見て察知した娘は、ずーっとダンナの後をついてまわっていました。

娘もやはり寂しくなるようで、夜勤で出かける時は泣いてしまいます。

来月からは夜勤の日も増えるみたいだし、ママもあーちゃんも寂しさに慣れないとね。



そういえば、山荘に入ってすぐに、( 私 )風邪ひいたの?とHオーナーに聞かれました。

自分ではちょっと鼻声かなと思ってたくらいだけど、オーナーも本当によく気がつくなぁ。

娘のアレルギー鼻炎は落ち着いていますが私の方は全くダメで、今月に入ってずーっと喉も目も痒い状態。

温度差アレルギーと花粉症のコラボだし、先生から年期が入っていると言われるくらいなのでこんなものかなと

諦めていました。今はカモガヤ(イネ科花粉)が原因じゃないかと疑っていますが、薬を飲んでいても

飲み続けなければいけないし、キリがないので私は受診するのを止めてしまいました。


ところが、ずっと状態の良かった娘も、この2.3日パパと一緒のくしゃみを出しはじめたのですが、

今日土曜日は朝夕と鼻水が凄くて・・・今日は特に肌寒かったからね。週明け定期通院の耳鼻科予定で、

診察結果しだいで薬を一旦休止しようという事になっていますが、この様子だと引き続き通わなくてはいけなさそうです
 

長期戦になりそうですが、定期的にこうして山に出かけ身体を動かして、

規則正しい生活をさせるように気よつけてあげないなと思っています。

あーちゃん、ママと一緒に頑張ろうね。

~~~~~~

娘のコースタイム:

萱場平~塔ノ岳(休憩含む)2時間03分
塔ノ岳~花立山荘 50分
スポンサーサイト

2013.05.25 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。