上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
この日も寒かったです。

塔ノ岳
2013年3月26日(火)今年11回目・あーちゃん塔ノ岳登頂115回目(前回3/17)


気温0.3℃。パラパラと霰が落ちてきたかと思ったら、

しだいに粉雪へと変わり、降りも強くなりました。

気温が下がるとは天気予報で確認していましたが、まさかの雪。

スタート前。持ってきていた防寒用(モンベル)の手袋を、

どうする?今日は置いてく?と聞かれ、3月4月の間は毎回持ってくよ!と装備しておいてよかったです。


背負子から下ろしたばかりは、テンション高めではりきっていたのですが、

すぐに立ち止まります。歩かないから当然寒くなる娘は余計に元気がなくなり抱っこと。。。

今日は帰ろうと言っても「 おやまのうえ、いくの~! 」と大泣き・・・。

粉雪の降りも強くなりそうなので、ガレ場の所で背負子に乗せました。


背負子に乗ったのはいいけれど、歩きたくなったようで、

「 ママァ、ごめーんなぁい~ごめんなさぁい 」 とグズグズ泣きだします。

別に、ママ怒ってないんですけど・・・。

雲の隙間から青空が覗き雪も止んだので、花立山荘前から再び歩かせることにしました。

背負子から下ろした途端また雪が舞ってきてしまいましたが、今度はご機嫌で歩き続けます。

塔ノ岳

背負子にかけているコートの紐が気になって仕方ないあーちゃん。

ニヤニヤしながらパパの後ろへと近づいてはその紐をひっぱるので、

危ないと初めは怒っていたんですが、怒ってもどちみち言う事は聞かないので猫じゃらし作戦と変更しました。

引っぱったらダメだよ、手が届いたら指で叩いてみて、ユラユラ揺れて楽しいよ!と。


キャッキャキャッキャと大喜びで追いかけ、どんどん登っていきます。
塔ノ岳

歩きながらの『 マンボウの木 』へのご挨拶は、久しぶりだね。

しばらく撫でながら話しかけていました。

塔ノ岳

うっすら白くなる登山道に、雪!と大喜び。

塔ノ岳

必ず抱っこと言っていた急な階段の箇所も、じゃらし作戦で夢中で登っていきました。作戦大成功

塔ノ岳

山頂手前で、後ろからチャンプが上がってきました。

チョコレートをもらって嬉しそう。チャンプに続けと最後上りきり、チャンプポーズ

塔ノ岳

尊仏山荘に入り休憩。

塔ノ岳

お兄さんがミー君を連れてきてくれましたが、

階段の下にいた私に「 ねむたい。。。上へいってもいい?」と目で訴えてました

すぐに上がっていってしまいましたが、娘、嬉しそうに飛び跳ねていました。会えてよかったね。

塔ノ岳

油断してるとすぐかじる・・・。

Hオーナーに久しぶりにお会いして、終始モジモジしながら照れていた娘でした。

塔ノ岳

松ぼっくりをかじったのは、娘ではありません:笑

塔ノ岳



下山。前半の事を思うと、花立山荘からは抱っこもなくよく頑張って歩いてたよね。という話しになり

旦那:「結局のところ、要は最後まで歩けるってことだよね。抱っこしなくても。

どうやって本人に歩かせ続けるかって作戦を考えなくっちゃ」

私:「 ・・・猫じゃらし作戦とかね・・・ 」


背中でずっと静かに聞いていた娘。

娘:「 あーはっはっはっはっ! 」 背負子の中で大笑い。

意味わかってるのかな0 あなたの事ですよ、あなたの事


花立山荘から塔ノ岳山頂まで、あーちゃんの足で 1時間04分。

久しぶりに良いペースで歩くことができました。

金冷しからも、もう雪がないので安心して思う存分歩かせてあげることができるので、

毎回毎回作戦は必要ですが、これからの季節、どうやって変化してくのか楽しみです。

娘自身も、久しぶりに後半しっかりと自分の足で歩いて大満足したようで

「 あーちゃん、がんばったの~。おーきくなったんだよぉ! 」 と自分で言ってました:笑


下山後。白泉寺のしだれ桜を見に立ち寄りました。

塔ノ岳

ほぼ満開になっていて、とても綺麗でした。

花冷えで開花もゆっくりと進んでいるので、もうしばらくの間楽しめそうです。
スポンサーサイト

2013.03.30 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。