上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
尊仏山荘のHPによると、塔ノ岳山頂は6日・14時時点で約10cmの積雪とのこと。

今回も雪遊びさせてあげられるかなと、楽しみにして出かけました。

塔ノ岳
F2013年2月8日(金)今年6回目・あーちゃん塔ノ岳登頂110回目(前回1/30)


前日、終電になんとか間に合い帰宅できる事になったダンナですが、

なんと電車で寝過ごし終点駅まで行ってしまったようで・・・

結局ネットカフェで仮眠して始発で帰宅、予定より少し遅くなりながらも自宅を出発しました。

予報では、厳しい寒さとしながらも晴れのち曇。

登山口でも、そんなに寒くないよねと話しながら歩きはじめました。

塔ノ岳

いつもの場所で娘を背負子から下ろし歩かせます。

一枚上着を脱がせた方がいいかなと思いましたが、様子見でとりあえず着せたままにしました。

ダンナが着替えをしている間、張り切って歩き出す娘と先にすすみます。

ちょうどそこに、前回Hオーナー経由で写真をプレゼントしてくだった方が後ろから歩いてこられました。

ご挨拶をし、写真のお礼を伝える事ができてよかったです。素敵に撮っていただき、我が家の宝物です。


しばらくすると、チラホラと雪が舞い始めます。着せておいたままで良かった。

塔ノ岳


花立山荘手前の階段にさしかかると、降りはどんどん強くなってきました。

そういう時に限って、雪の積もっている場所で座り込み遊びはじめる娘・・・

塔ノ岳

お得意の聞こえないフリで(笑) 何を言っても動こうとせず、見てるこっちが凍えてしまいます

少し進むものの、なんだか眠たそう。前日なかなか寝付かず22時近くに就寝・

朝は、パパが帰宅するんじゃないかと察知して5時半前から起きてはしゃいでいたし、眠たくなるよね。

さらに降りが強くなってきたので、強力なアイテム・チョコを駆使して背負子へと乗せることにしました。

塔ノ岳


下山してくる常連の方たちと挨拶をしながら、雪がうっすらと積もる背負子の中でご機嫌な娘でしたが、

やはり眠たかったようで花立を過ぎるとウトウトと寝てしまいました。ペースを上げ進みます。


娘に100回登頂記念にと服のプレゼントをしてくださったご夫婦が下りてこられました。

なんとなくですが、今日はお会いできるような気がしていたので、服のお礼を伝える事ができよかったです。

サイズもピッタリでこの日もさっそく中に着せていました。2年くらいは着せられるかもと感謝しています。

娘はぐっすり寝てしまっていたので、今度できれば山荘でお会いし娘からもお礼が言えるように

早起きしていかなきゃなと思っています。また、近いうちにお会いできるといいな。



金冷しから先はまだたくさん雪が残っていますが、上りは結局アイゼンは使いませんでした。

( 下山時も大丈夫なようだったので結局付けませんでしたが、

  6日に積もった雪のおかげか滑ることはありませんでした。 )




尊仏山荘で休憩。

山頂直前に目が覚めた娘は、いつもの指定席にいるミー君を見つけ大喜び。

「 かわいいー!わかいいー! 」 何度も何度も言う娘を、ミー君がじーっと見返していました。


ミー君がおとなしく触らせてくれるのをいいことに、耳をツンツンしはじめます

塔ノ岳


お弁当を食べお楽しみのチョコレートを頬張り、ご機嫌がさらにUP。


山荘の温度計を見るとマイナス5.5度。

雪も降り止みそうにもないし、ミー君もいるし、今日はこのままミー君と遊んで早々と下山しようと

思っていると。。。娘:「 あのね、おそとでゆき、あそぼうかぁ~ 」 どうぞどうぞとお互い譲り合う私達(笑)

身体が冷えすぎて少し気分が悪かったので、今回は私はミー君とストーブの前で暖をとり

娘はパパにまかせました。ごめんね。

塔ノ岳


寒さも気にせず雪の中ではしゃぐ隣りで、凍えそうな顔をしながら見ているダンナを

ミー君のポカポカの背中で手を温めながら ヌクヌクしていた私です♪

塔ノ岳

今回も、雪に何度もダイビングしていました。

塔ノ岳

手が雪に埋もれてますよ~。

塔ノ岳

そうしているうちに、雪が止み富士山が顔をだします。

帰ろうと言っても、またもやお得意の聞こえないフリで逃げ回る娘を強制確保。


下山です。雲が晴れ、富士山や蛭ヶ岳方面・南アルプスも見えてきました。

写真を撮っていると、先ほど山荘に落し物を届けにこられた方に「 明日....載るのかな 」 と

話しかけられました。私もダンナも「???」という感じで返答に困ってしまったのですが、

下山し始めてからしばらくして『 明日ブログに載るのかな?』 ていう意味じゃないのかな?

とダンナに言われて、もしかしてブログを見てくださっている方なのかなと

この場をおかりしましてお詫び申し上げます その落し物、県の公園関係の物だったので、

私達がお預かりして下山後麓の秦野ビジターセンターへと届けました。持ち主の方に連絡してくださるそうです。


花立山荘までくると、再び雪がハラハラと舞いはじめます。

静かにゆっくりと舞い降りてくる雪を、いつまで眺めていたかったです。


冬らしい寒さの中雪も楽しめて、少し寒かったですがとても楽しく歩けました。

娘は、また山に行きたくて行きたくて仕方がないようです。雪、また積もってくれるといいね。
スポンサーサイト

2013.02.09 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。