上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
上りは、半袖でちょうど良いくらいの暖かさでした。

塔ノ岳
2012年12月18日(火)今年51回目・あーちゃん塔ノ岳登頂103回目(前回12/14)

朝、なかなか起きない娘を寝たままの状態で着替えさせはじめ、寝ぼけ眼のまま車に乗せ出発。

無風で、半袖になっても全然寒くありません。

私が顔からボトボトと汗が出るのは体調の悪い印なのですが、

ダンナも戸沢分岐に着くと「 きょうは脱水気味だ・・・」と言っていたので、端に暖かかっただけのようです。

塔ノ岳

これならあーちゃんも登りやすいだろうと思いきや、どうも調子が出ないようでした。


くつろぎ過ぎ・・・だらけております・・・・・。

塔ノ岳

久しぶりにガレ場での抱っこ。重たいので、すぐに下ろしましたが

塔ノ岳

よく足が上がるね。いくら体が柔らかいと言っても、これじゃぁ、最後、足がフラフラになるよね。

塔ノ岳

自分専用のストックは私に持たせ、パパのストックを奪います。

そして、ご機嫌良く進んでいたのが、転んで大泣きとのパターン・・・。

塔ノ岳

マンボウの木。きょうも、木に話しかけていました。「 かわぁいいぃ~♪ またあいにくるからねぇ 」。

塔ノ岳

他の登山者の方( といっても平日は、本当に人が少なくなりましたが... )

が来ると隅に避け、またこの定位置に戻り飲み続けます。こだわりがあるんだね。

塔ノ岳

山ガールもあまり見かけなくなり、代わりに単独の若い男性が目立ちました。

皆さん、「がんばって!」「あともう少しだよ!」と娘に声をかけてくださったり、

山荘の中でも「よく頑張ってきたね」と娘を褒めてくださったり、本当にありがたいなと思っています。 


塔ノ岳山頂に到着。

塔ノ岳

Hオーナーに「 こっちにおいで 」と言われモジモジ。

私が会いたかったんでしょう行っておいでと言うと「うん」と照れながらもオーナーの所へ歩いていきました。


膝に乗せてもらったりと、ハニカミながら楽しそう。


「 こんなに可愛くてどうするの? 小学校に入ったら、ふたりとも心配でたまらないんじゃないの? 

よし、おじさんが一緒について行ってボディーガードになろう!あ...そしたら友達出来なくなっちゃうか:笑 」

なんてオーナーが話しているのを、なんとなく分かるのか分からないのか嬉しそうに聞いていました。

剣道の達人。Hオーナーのボディーガードなんて、最強だ。


ダンナは、あーちゃんがひとりで歩けるようになったらお米担いできてもらわなきゃななんて言われていました。


眠気がきたたのか、娘はグニャグニャ椅子に寝転びはじめます。

ご機嫌が悪くなる前にと背負子へ。下山です。

よほど眠たかったのか、お楽しみのお菓子を口にくわえたまま寝てしまいました。

塔ノ岳

どんよりとした灰色の雲が空を覆いはじめると、やはりヒンヤリと寒くなってきます。

今日も歩き来られてよかった。

塔ノ岳


帰宅。今夜も相変わらずの鍋(鶏団子&きりたんぽ・鶏がらスープ風味)です。

車から荷物を下ろし片付け洗濯機をまわし、ダンナと娘はお風呂へ。その間に夕食準備。

といっても、つまみにお刺身とから揚げを購入。

鍋なので野菜をザクザク切り葱とたっぷり下ろした生姜を入れた鶏団子と煮込むだけですが。



夕飯の準備をし終えた頃には、ほっとして疲れが出て食欲がなくなるという悲しさ....

意地でも食べますが・・・あ、飲みます 料理を作りながら


どうする?お米担いできてだって( もちろん冗談でオーナーさんは話していますが )と言ったら、

今が背負子の装備を含めて23.24キロくらいだから、上りだけなら40キロまで行ける!と言っていました。

ほんとかね...!? 家族歩荷、いいかも。お世話になっている分たくさんお返ししなくちゃね。
スポンサーサイト

2012.12.20 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。