上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
前回と前々回の教訓を元に、ダンナとふたり試行錯誤です。

20121009_塔ノ岳1
2012年10月9日(火)今年40回目・あーちゃん塔ノ岳登頂92回目(前回10/5)

朝、空を見てみると曇り空。風が強く寒そうです。

前日いつもより早めに夕飯を食べさせ朝も6時過ぎまで寝ていたのでまあまぁのご機嫌。

背負子を地面に置いたら、こちらが何も言わないでもいそいそと自分で乗り込みます。

( まぁ、これはおせんべい食べたさにですが:笑 )


今回は、温かそうな上着を着せました。分岐まで着き、あーちゃんを下ろします。

私達が怒っている事に気付いていると分かると、よけいその怒りがヒートアップするので

前回と前々回の教訓を元に、怒り出したらあまり目を合わさず全く違う話をして気をそらせることに徹底。


うさぎになってピョンピョン、かえるになってピョンピョンピョン。階段を上がっていきます。

12.10/9

前回10分以上ヘソを曲げ座り込んで動かなかった場所を通過、順調順調♪

ポカリとゼリーでエネルギー補給。山でしか食べれない特別おやつです。これが楽しみなのわたし

12.10/9

お気に入りの岩に座り、とうとう動かなくなりました。さぁ、どうしよう。。。

曇の切れ間から青空が見えてきました。風が強い為、雲が次々と流れて空の模様を変えていきます。

12.10/9

青空きれいだね~。雲に届きそう。見に行ってみよう! と、その岩から離します。


私:「 じゃぁ、抱っこで見て見てみよう! 」

嬉しそうに抱っこされたまま、海だよー!ひつじさんの雲だよー!と教えてくれます。

ママ、答える余裕なし・・・

そして花立手前の例の階段で再び座り込みがはじまり、突然ヘソを曲げ怒り出しました

12.10/9

娘:「 ママ!あっち行くのぉ! ばいばぁ~い! 」 と怒るので、

私:「 それじゃあ、ママも隣りで座っちゃおう♪ 」と隣に座ったら、あまのじゃく娘。

パパの 「 ママ置いて行っちゃおうか。 」 の言葉に乗せられ歩き出します。やった

12.10/9

置いていったのは自分なのに、私の姿が見えなくなると不安になるのか

「 ママの所に行くの。」 せっかく上った階段を下りてこようとするので慌てて追いかけました。


今度はダンナが先に進み、自分のタオルを地面に置いて

旦:「 あっー。どうしよう、タオル落としちゃったっ! 」 と言うと

娘:「 だいじょぶっ、まかせとおいてえっ。 」と追いかけ拾いに行きました。

ものすごい勢いで上っていきます。やっぱり疲れてるわけじゃないんじゃん。私もダンナもニヤリ。

もう一回落として、世話焼きあーちゃんは再び拾うために張りきって上っていきました。

12.10/9

花立山荘の横でデザートタイム。あーちゃん、「 これは~アザミい 」 と観察中。

常連さん達に次々と声をかけてもらい、 「 あるいてきたのぉ 」 と嬉しそうに話していました。


金冷しを過ぎると、私とダンナに立ち止まっているように指示します。

自分だけ先に進んで上り、許可がおりる前に私達が歩き始めると怒るので待機です。


自分で歩いてくれだけマシですが、距離が離れるとやはり心配なので気が気じゃありません\\\

結局、下ってこられた方達を見てひとりで心細くなったようで、

その後は私にピッタリくっついて歩いてくれてホッとひと安心。

その変わり持っているストックを落とすと 「 パパ拾って! 」 と拾わせる娘・・・。

もしかして、花立山荘のあの階段でパパがした作戦。実は見破ってたのか。

パパ曰く、タオルを渡す時にじーっと目を見ながら渡してきたんだよねぇ、バレてたのかなって。

ごまかしが利かなくなってきたので、どうやって見破られないようにするか駆引きです。


怒られてヘソを曲げるばかりではありません。

さすがに今のは自分が悪い子だったかなと思った時は、この口をします。

マンボウ。( ハリセンボウから変更だそうです。 )

12.10/9

この口をするとつい私が笑ってしまうのを知っているので、怒られなういようにする為のあーちゃんの作戦です。

さぁもう少しで山頂という所で、はじまりました・・・ごっこ遊び。全然動かない

12.10/9

ここから山頂までがまた長かった。 尊仏山荘で休憩です。

12.10/9

中に入るとHオーナーが、急用で下山準備中でした。

「 せっかくあーちゃんが来てくれたのに、下りなきゃいけないんだよ~。 」

と言うオーナーの言葉を聞いて、分かったのか私の方を見てションボリしてるあーちゃん。

山荘を出て下山していくHオーナーの後姿を、見えなくなるまでずっと見送っていました。

W林さん忙しい合間に来ては娘に話かけにきてくれて、道の途中で見つけた木の実を嬉しそうに見せる娘。

12.10/9

アンパンマンの包みに入れてきたおにぎり、大喜びで久しぶりの完食です。

ご飯を食べたら眠たくなったらしく、背負子に掛けてある

お気に入りのバスタオルを触りだしたので、私達も下山準備です。

12.10/9

山の景色が緑から黄緑・黄色へと変化しています。オレンジ色に染まるのも、あともう少しかな。

分岐から花立山荘まで1時間11分。塔ノ岳山頂まで(休憩含)2時間40分。

道草も少しでイヤイヤもなく2時間で歩いてしまったあの数回って、やっぱりすごかったんだなぁと思いました。
スポンサーサイト

2012.10.12 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。