上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
また延期かと諦めていましたが、直前になり予報が良くなったので塔ノ岳へ出かけました。


12.9/8
2012年9月8日(土)今年34回目・あーちゃん塔ノ岳登頂86回目(前回8/28)

ダンナも私も(山)禁断症状でモヤモヤ。体調もいまいち。

TVK40時間丹沢生中継でHオーナーも話していたように、毒出ししてきました。



上りはまだまだ残暑で暑いです ダンナのペースも冬のように戻りません。

1時間半かかりやっと分岐に到着。待ってましたとばかりに、背負子の中で暴れはじめます。

12.9/8


準備万端。

登ってる感じの写真が撮りたくて、あーちゃんの後ろに回りカメラを構えます。

私: 「 頑張って! ほらっ、足を大きくあげるんだよ! 」

と言ったら、振り向いて足を上げてポーズ・・・う~ん、娘よ、ちょっと違うのです
  
12.9/8

ガレ場が近づいてきたので、背負子に乗る? それとも自分で歩く? と聞きました。

娘: ( 人差し指を顎に当てながら ) 「 え~っとぉ。・・・・・ゼリーーー!!! 」


いやいや、選択肢の中にゼリーはありませんけど


無邪気な笑顔でゼリーをゲットしたあーちゃん、ご機嫌で登っていきます。

12.9/8

汗をかきはじめたので、上着を脱がせお茶を飲ませながら先に進みます。

花立の階段も攻略。分岐から花立山荘まで42分。良いペースです。

12.9/8

お楽しみのデザートを食べ終わると、石の上に小石を並べてアンパンマンの顔を作っていました。

12.9/8

自分で歩きたいというので、そのまま背負子に乗せずに先に進みます。

危ない箇所は手をしっかり繋いで進みます。ズルズル滑りながら嬉しそうに歩いていました。

今まで背中からパパとママが歩いてるのを見ていただけだったけど、

その場所を自分も一緒になって歩けるのがとにかく嬉しい様です。

12.9/8

ガスが出てきて涼しかったのもありますが、金冷しを過ぎても足取は軽く良い感じ。

と思ったら、やはり疲れてきたようで私の足に抱き着いて甘えるようになりました。

でも、やっぱり自分で歩きたいんです。数歩抱っこして下しを繰り返しながら、塔ノ岳山頂へ到着。


あーちゃんの今回のコースタイム。前回の2時間ジャストから5分短縮。1時間55分でした。

よく頑張ったね!と褒めて娘の顔を見てみると、目を輝かせ、達成感に満ちた表情をしていました。


尊仏山荘で休憩。W林さんじいじに抱っこしてもらい嬉しそう。

12.9/8

奥の部屋をお借りして着替えさせ戻ってくると、勢いよくパパの元へ駆け寄るはずが・・・

私たちが普段よく座る位置にいた、別の男の人の元へ !?

膝にポンッと手をついて顔を見上げたら、パパじゃなーい

大慌てでパニックになりながら本当のパパの元へ。

その一部始終を皆さんも見ていたので、大笑い。あーちゃんイジケてしまいました

あーちゃんの事を可愛いと思ったから笑ったんだよ。とフォローするもののダメでした



背負子にのせ、下山です。

W林さんにいただいたお煎餅をかじり、「 カエデの木のうた 」を歌いながらご機嫌。

そのうち寝てしまいます。ぐっすり熟睡。

12.9/8

新大日を過ぎてもピクリともしません。頑張っていっぱい歩いた分、気持ちよく眠れるよね。

12.9/8

登山道脇で鳥の巣を見つけました。

何の鳥の巣なんだろう。。。笹ベースで丁寧に織り込んでありました。

少し調べただけなので違う可能性大ですが、ウグイスの巣に似ているような気がします。

12.9/8

グビグビっとお茶を飲み干し、おやつを食べながら自宅へ。

12.9/8

夜は、TVKの塔ノ岳生中継を見ました。

HオーナーにW林さんW田さんを見て大喜び。「 山行きたいなぁ~! 」 と言ってました。

また、会いに行こうね。
スポンサーサイト

2012.09.10 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。