上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
調子の悪い私。鉛の靴を履いているかのように、足が上がりません。

20120702_1.jpg
2012年7月2日(月)今年27回目・あーちゃん塔ノ岳登頂79回目(前回6/30)

12.7/2


ダンナも前日帰宅が零時をまわり、睡眠時間3時間ちょっとしかなく心配でしたが

28、30、と歩いているので調子は良さそうでした。冷や汗なのか、蒸し暑さのせいなのか

・・・朝飲んだ黒酢のせいなのか(笑)ボトボト落ちる汗。体中の毒素が、全部出てしまいそう。

距離が少しずつ離され、心配してダンナが声をかけてくれるんですが、

あーちゃんもその真似をして「 ママー、だーいじょーぶかぁい 」とずっと言ってくれていました。

( ダンナは「 大丈夫か?」と言ったんですが、娘には「 かぁい? 」 と聞こえたようです。)


分岐で水分補給。先に着いていたダンナが、「 見つかっちゃたよ・・・。」と落ち込んでいます。

ポーチからマグマグを取り出す時に、例の最終手段に使うゼリーを娘が見つけたらしく

騒ぎ出したそうで。その後、ずっと小さな声で「ゼリー・・・ゼリー」とつぶやいてました。

ふたりで聞こえないふりをしていると。 娘:「 お茶のみたいなぁ 」 って私に訴えます。

その前にたっぷりお茶を飲んでいるので、なんとかポーチを開けさせようという娘の作戦です。


「 ゼリーは、山を頑張って歩いた時のご褒美だよ 」と私が言ったらあきらめました


金冷しから、下ろして歩かせます。

下りてすぐに「 ストック!かしてくださーい 」と、2つ持ちご機嫌で歩き出します。

12.7/2

緩やかな道では走り回り、こちらはヒヤヒヤです

12.7/2


前回の教訓。娘から手を差し出す時以外は絶対にこちらから手を出さない。

12.7/2

足が届かない所は、手を使い乗り越えます。

自分で頑張れたなと思った所では、振り返り両手をあげ( チャンプポーズで )

「 ジャジャーン!!! 」 とアピール。たまたま後ろから歩いてこられた方たちはビックリ。

クスクス笑っていました。 そのうち、「 ゼリー、食べるかっ! 」と言い出したので、

頑張って歩けたらでしょと言い聞かせてたんですが、目をこすっていたので少し眠くなったのかな。。。

ゼリーを出すと、「 抱っこ。」と甘えます。 抱っこだと、ゼリー食べれなかったよねぇと言うと、

娘:「 ゼリー食べる。歩くからー! 」と歩き出します。手にゼリーをしっかりと持ったまま。

時々ゼリーを食べながら、塔ノ岳山頂まで歩く事が出来ました。ゼリーパワーよく頑張ったね。

12.7/2

尊仏山荘に向かって歩いていると、外で休憩していた方が娘を見て 

「 シカがいるわよ~2頭! 」と声をかけてくださいました。

食事中のシカ達は、ゆるりゆるりマイペースで遠くの方へ歩いて行っていまい、

またあとで探してみようねと、とりあえず山荘へ入ることに。W林さんが外まで迎えに来てくれました。


Hオーナー曰く、先週土曜日はゴールデンウィークなみの激混みだったそうです。

この日は山頂も登山道もすごく空いていて、山荘内も途中から私達家族で貸切状態でした。

空いている時期を狙い、娘と山小屋泊まり(もちろん尊仏山荘に)したいんだけどなぁ。。。

早くあーちゃんに塔ノ岳から見える綺麗な夜景や星空を、見せてあげたいなと思っています。


あんなに会いたがっていたのに、いざHオーナーの隣に座ると緊張して笑顔が引きつる娘に

みんなで大笑いしていました。もっとのんびりしたかったけれど、遅くなってしまうので下山することに。

12.7/2

先ほどの2頭のシカ達、予想通り表尾根の方へまわってきていました。

一頭は私達におかまいなしに食べ続け、

12.7/2

もう一頭は、ガシガシ後ろ足で身体を掻いてました。

12.7/2

だんだんと雲が上昇し、相模湾も見えるまで展望が広がってきます。

海の歌を歌いながら、そのうち あーちゃんは夢の中へ。両手をダラーンと下げ爆睡です。

12.7/2
12.7/2

山頂は10度前後で涼しかったんですが、新大日に来ると13度を超え蒸し暑さもUP。

いつも以上に水分を補給しました。これから夏に向けてさらに暑さも増していくので、

余裕をもって飲み物も持っていかないといけないなと思っています。
スポンサーサイト

2012.07.06 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。