上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
約3週間ぶり、梅雨に入り休みの日と合わずに延期続き。

ようやく山歩きに行ってこれました。

12.6/23


2012年6月23日(土)今年24回目・あーちゃん塔ノ岳登頂76回目(前回6/5)

この間、あーちゃんは毎日Hオーナーさん達と山の話しばかり。

山の写真や絵、TVを見るたびに、 「 Hしゃんのお山 」って言っていました。

朝、今日は山に行くからねと話すと大喜びではしゃしでいました。

すぐに、いつものクマとネコのぬいぐるみを持ち玄関で待機します。


大倉から歩くの、あーちゃんは初めてです。

ヤマビルが嫌なので、靴やスパッツに塩をすり込みます。

濃いめの塩水スプレーも、すぐ取り出せるようにウエストポーチへ。

(専用スプレー買わなきゃと思うんですが、うちの近所で売ってるのを見つけられません


登山口まで手を繋ぎ歩かせます。でも、見慣れない風景。

娘:「 パパ、乗るかっ 」  と背負子に乗りたがりました。

だんだんとガスの中へ。無風で蒸し暑い

背負子に乗せながら、朝ごはんのパンを食べさせます。

アンパンマンのスティックパンに大喜び。1袋分全部食べてしました

お腹もいっぱい、そのうち歌いはじめます。今回は、チューリップの歌と

ムテキチ(おかあさんといっしょ)の「めげない、へこまない、あきらめない」をずっと歌ってました。

登っているときに、その歌を歌われるとなんだか笑ってしまいます。

12.6/23



すると、後ろから追い越していかれた方に 「 あーちゃんですか? 」と話かけられました。

一瞬、「 赤ちゃんですか? 」と聞かれたと思い「 2歳です 」と変な答え方をしてしまった私

「 ブログ見てます~ 」 と言ってくださいました。

私のつたないブログを見ていただいてるなんて申し訳ないというか恥ずかしいですが、

声をかけてくださり嬉しかったです。ありがとうございます。

12.6/23

堀山の家を過ぎた頃、いつも歩く道と違う=Hオーナーに会えないと思ったのか

「 Hしゃん、お山ない(Hさんのお山じゃない)」と言い出したので、「大丈夫、会えるよ」

と話すんですが「 ちがう、お山ない、お山ない。会いたぁーい」て泣き出してしまいました・・・。

何とかなだめて言い聞かせ、ようやく戸沢分岐。見覚えのある景色に安心したのか、

ウトウト眠りはじめます。 ダンナはすでにバテバテ。ペースがぐんと落ちます。

週一で、定期的に山を歩くのは大切だなと思いました。

12.6/23


花立山荘で目が覚めたあーちゃん。デザート休憩。

ものすごく氷を食べたい衝動にかられました

ダンナも同じように思ったのか、「 うちは、かき氷機いつ買うの? 」と聞いてくるので

近いうちに買うつもりでいるよと答えると、まさかそんな言葉が返ってくると思わなかったのか

「 えっ!? ほんと?ほんとに!? いつ!? 」 としつこい(笑)

「 でも、あーちゃん、かき氷食べられるかなぁ... 」 て真剣に心配してるし・・・。

アイスは3歳から解禁のつもりでいますが、どちみち解禁になっても頻繁にあげるつもりはないので

山で頑張って歩いた日は、『 よく頑張ったね。お疲れさま。』 というご褒美にパパと半分コで

食べさせてもいいかなと思っています。 かき氷機、探さなくっちゃ

12.6/23
12.6/23

花立を過ぎると、霧雨が時々降るようになりました。

止んだりの繰り返しなので、金冷しで背負子から下ろします。

下りて歩く?と聞くと 「 Hしゃんのお山、がんばろー! おー!!! 」って。

12.6/23

週末で登山者も多く、みなさんの邪魔にならないよう気よつけて歩かせます。

「 あと少しだよ!」「がんばってるね!」。 みなさん温かい声をかけてくださいます。

それが娘の励みとなるので、とても感謝しています。本当ありがたいです。

12.6/23
12.6/23

話しかけてくださる方たち皆なに、娘が「 Hしゃんのお山、いくの 」と言うので

みなさん一瞬 「 ??? 」て顔をされてました


階段が続くので途中何度か立ち止まり休憩していましたが、最後まで自分で歩くことが出来ました。

よく頑張ったね、あーちゃん。


尊仏山荘に入り、お昼ごはん。HオーナーとW林さんに会えて嬉しそうな娘。

ミー君は他のお客さんに営業中。娘に気が付きじーっと見ていましたが、写真撮影で忙しそう。

娘は傍に行きたくてソワソワ落ち着かない様子でしたが、また今度ゆっくり遊んでもらおうね。


来年には自分の足で登ってこれるかなとW林さんに聞かれ、「 うーん♪ 」だって。

他の方達にも「頑張ったね」と褒めてもらい、「がんばったのー。」と答えていました。

その姿を見ながらいつの間にか人見知りしなくなったよねぇと、ダンナとしみじみ話していました。

オーナーさんに今日はどうしたの?と聞かれ林道の話しになったんですが、朝、歩荷のチャンプが

倒木をどかしてくれたそうです。チャンプ、すごい。助かるなあ。

(道がえぐれてる箇所もあり、さらにダートな道になっているとのことでした) 

12.6/23

さぁ下山。外に出ると風が強く吹いていて、気持ち良い体感です。気温11度。

下りは危険なので、背負子に乗せます。眠いのか、すんなりと乗りました。

途中、小屋番W田さんとすれ違いました、嬉しそうに挨拶する娘。

その後もご機嫌で、キャッキャキャッキャと笑っていました。

風があったのは山頂付近だけで、標高が下がるたびに蒸し暑さが増してきます。

12.6/23
12.6/23

花立山荘を過ぎると、娘がようやく眠り始めました。

観音茶屋を過ぎやっと目が覚め、やはり見慣れない景色にしばらく大人しくしていました。

しばらく山に来れなかったので禁断症状で私もダンナも体調が悪かったんですが、

久しぶりの山行で筋肉痛になりつつも、心も体もすっきりしました。

すぐにでも、また歩きに行きたいです。
スポンサーサイト

2012.06.25 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。