上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
GW明けの平日。登山者も少なく静かな山歩きとなりました。

12.5/7

2012年5月7日(月)今年19回目・あーちゃん塔ノ岳登頂71回目(前回4/30)


だんだんと標高が上がってきた新緑前線。キラキラ輝く緑が眩しく気持ち良いです。

12.5/7


あーちゃんも、「 みいどりー(緑)、いっぱあいねー(いっぱい)。きもーちぃーいーねえ~」てずっと言ってました。


花立山荘を過ぎると、それまで晴天だったのが だんだんとガスりはじめます。

前日のことがあるので、雷雨が心配になり先を急ぎます。

12.5/7
12.5/7


最後の階段を歩かせるため、背負子からおろします。

今回は、前回よりもさらに自分ひとりで上るといって聞きません。

後ろから来られた方や下ってきた方たち皆さん、娘の事を見守ってくださり大変感謝しています。


娘:「 すみーまぁせーん 」 親と一緒になって謝っていました。

山は自然だけじゃなく、人と人との係わり方、気遣う心を教えてくれてるんだなと感じました。

12.5/7


尊仏山荘に入り休憩。

5日は、行者の鎖場は1時間待ち。塔ノ岳山頂も、座る場所がないくらい大混雑だったそうです。

山荘の中ではしゃぐ娘。いつもニコニコしている小屋番のWさん、娘は また「じいじ♪」と呼んでました。

しかも本人に聞こえないような小さい声で(笑)


オーナさんにも Wさんにも抱っこしてもらい、緊張しながらもすごく嬉しそうにしていました。


ミー君を連れてきてくださって、会えた娘は大喜び。

12.5/7


「こんにーちーわー。あいたかったぁ~!かわいーいねぇーーー!」て話しかけてました。

それが・・・ミー君と遊んでいるうちに、おもいっきり転んで椅子に耳を打ちつけ号泣

すぐに抱き上げ、ミー君を見て笑顔になりましたが痛いのを必死で堪えてる感じ


本当はもっと泣きたかったんだろうけど、みんな心配そうにしてるから一生懸命我慢したんだね。

次の日、耳の上の部分が紫色になってました。。。相当痛かったんだろうなって思いました。

食欲も通常通り、一日中元気で走りまわっているので今のところ青あざ以外が大丈夫そうです。



休憩している間に、青空が見えてきました。

娘:「かぜー、つよーいーねえ!きもーちいいいーねえ」 なんて言ってました。

お気に入りの場所で大はしゃぎ。ジャーンプ!

12.5/7

表尾根も、4、50メートル下りました。

途中で「 スットック! 」とストックを持つと言って聞かない・・・。

ズルズル滑り下りながらなんとか下るんですが、ここでもひとりで出来るから手を離して欲しいと

怒ってました。結局、その後すぐに ひとりでは無理だと思い手を繋ぐんですけどね


「あそこまで頑張ったら、おやつにしようね。」という私の言葉にスピードアップ。

パパと、そういうところもそっくりだね(笑)

12.5/7
12.5/7


表尾根。少しひんやりした風が心地よく吹き、とても気持ち良かったです。


転勤で仕事の内容が変わり、体を動かす機会がますます少なくなったダンナは、

山歩きのこうした時間が本当に楽しく身体もすっきりするし、大切な時間だとしみじみ話していました。


また次のお休みも、晴れるといいな。
スポンサーサイト

2012.05.09 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。