上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
雲海の広がる、素晴らしい景色を見ることができました。

12.4/28
2012年4月28日(土)今年17回目・あーちゃん塔ノ岳登頂69回目(前回4/21)

12.4/28


朝、丹沢方面は真っ白で何も見えず。

昼頃から晴れて気温も暖かいとの予報だったので、

晴れてくれる事を願いながら準備をして出発しました。

登山口。空を見上げると、あれ?・・・雲が薄くなってきたのかな?ほんのり青空が見えてます。

気温はすでに10度超え。今日って、ものすごく暑くなるんじゃないの?

冬の間、背負子に防寒対策でかけていたコートを外し春バージョン。

(虫よけ&UV対策の) ベビーカー用のネットも使用開始です。


上りはじめて、30分ほどすると雲が切れ表尾根の山が見えはじめました。

ダンナとの距離はどんどん離されていきます。その距離、50メートル


暑さで汗が滴り落ちます。半袖のTシャツで歩いている方たちも大勢いらっしゃいました。

私も新しい服、買ってもらおう...でも、行く時間ない・・・

12.4/28


分岐を過ぎ振り返ると、雲海! 雲の上に突き抜けたようです。

12.4/28
12.4/28


塔ノ岳山頂手前の階段。私が追いついた時には、背負子からおりて歩きはじめていました。

12.4/28


後ろ姿を写真に撮っていると、私に気が付きます。

娘: 「 がんばってぇ!ママー! 」 何度も振り返り言ってくれます。

私: 「 ありがとう。ママ、頑張るね! 」 

はじめダンナが言わせてるのかと思っていたら、娘が自分で言い始めたそうです。すごく嬉しい。

12.4/28


結局、塔山頂まで寝ませんでした。

山荘に入りお昼ご飯。天気が良いので、山荘内は比較的空いています。

あーちゃん、ぴょんぴょん跳ねて元気いっぱい。


オーナーさんに抱っこされ、瞬時に固まる娘に大笑い。

家ではオーナーさんの名前を嬉しそうに言うのに、面と向かうと緊張するみたいです。

娘: 「 H( オーナー)しゃん、だっこ! ( 抱っこしてくれた! )」て言っています。


混んでくる前に、外でお散歩。


この日は、山荘前の水溜りで引っかかりました・・・。

でも、今回は偶然居合わせた おば様に「 すごいわね~! 」 と言われ歩く気満々に。

表尾根の出だしを、ズルズル滑りながら5.6メートルほど?下りました。

そして、砂いじりをはじめようと中途半端な所で再び動かず・・・。

みなさんのじゃまになるので、抱えて広い場所へ移動し背負子へ。

ムッキー って怒っていましたが、観念したのかおとなしくなり

お菓子ゲットした娘は、上機嫌で歌をうたいはじめました。


表尾根では、救助ヘリの音がしばらくの間響いていました。

新大日で倒れてる方がいるとの情報でしたが、ガスっていてヘリの姿は見えません。

ここのところダンナの調子が良く、どんどん先に行ってしまい姿さえも見えなくなるときがあります。

私が遅いのが悪いんですが、せめてお互い確認できる距離にいて欲しいとお願いしました。

やはり、不安になるので。。。それなのに、下山時もどんどん先に行くので写真も撮れないし

ちょっとプチキレてました




この日は、とにかく暑かったです。山頂の気温(山荘の温度計)20℃。

水分補給も今まではふたりで500mlで足りていたのが、1、5リットル飲みました。

半袖のTシャツで歩いていたダンナの両腕は、真っ赤に日焼けしています。

12.4/28
12.4/28


新緑、太陽の光でキラキラ輝きとてもきれいでした。
スポンサーサイト

2012.05.01 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。