上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
雪が また積もりました。

12.3/1
2012年3月1日(木)今年10回目・あーちゃん塔ノ岳登頂62回目(前回2/24)


塔ノ岳も40センチ~50センチ積もったそうです。

登山口まで行く道も積雪&倒木があるとの情報で登山口まで辿りつけるか心配でしたが、まずは

倒木クリア。といっても、木をくぐるとき車に枝がひっかかりものすごい音がしていましたが・・・


林道の雪もけっこうありまして、私の運転じゃあ心配で神経使わせちゃってるかなって思って

バックミラーで様子を見てみると・・・ダンナ・・・寝てるし・・・。ちょっとは心配をしなさいってば


結局、雪で坂道カーブが上りきれず 少し戻って止め そこから林道を少し歩きました。

体調がいまいちだった私は、登山口に付くまでにすでに体力消耗



登山道も、スタート時点で3センチ~5センチ。

標高が800越えると一気に増えてきて、20センチ~30センチ以上あったんじゃないかな。

湿っぽく重たい雪が滑りやすくて、何度もズッコケていた私です 

でも、転んでも雪で全然痛くないし、楽しくてたまりません♪


大倉尾根。トレースがきれいに付いています。

12.3/1

陽当たりの良い花立手前は一部雪がないところもありましたが、吹き溜まりなどは

40センチあったんじゃないでしょうか、たっぷり雪あり想像以上に時間がかかってしまいました。

12.3/1
12.3/1

花立から金冷しまでの細尾根。普段でさえ怖いのに、トレース細っ

12.3/1

ダンナと声を掛け合い、雪で隠れてしまってる登山道、慎重に慎重に歩きました。


娘はというと、前半40分寝てご機嫌。

自分から、他の登山者の方に「こーにーち、わーーー!」と挨拶していました♪

金冷しのところでシカに出逢えた後は、(何の歌かさっぱり解読不明ですが)歌を歌いはじめニコニコ。

日差しがあったので花立山荘からサングラスを付けさせたんですが、すぐに外してしまいます

私たちが 「 カッコイイなぁ! 似合うよ! 」 とどんなに褒めても首を左右に振り断固拒否。


それが、「 サングラスしてるところ、Hさん(尊仏オーナーさん)に見てもらおうね! 」 と言った瞬間、

ささっと自らサングラスを付けようとする娘・・・してくれるならいいんだけどね・・・。

後でオーナーさんに話したら、笑ってました。



花立山荘 10℃。暑かったです。金冷し 6℃、塔ノ岳山頂 4℃。山頂は無風でちょうどいい体感。

雪があるのに寒くありません。尊仏山荘の中でお弁当タイム。中は平日にもかかわらず賑わっていました。

12.3/1

みなさん、娘に声をかけていただき、本当に感謝しております。

小さい頃から山に連れてくると、山が大嫌いになる、もしくは大好きになる。

どちらかだと言われましたが、うちの娘はどうなるのかな。。。

よく、ダンナと話すことがあります。

いつか、成長とともに思春期、反抗期が来たりして一時的に親から離れたいと思うことがあるかもしれない。

もしかして、学校での人間関係などで色々と悩みを抱えることになるかもしれない。
 
そうした時に、自分には自信を持って大好きだと言えるものがあること。

その大好きな存在が、プラスのパワーとなり何か問題にぶつかったときに耐えられる力になるんじゃないかと。

そういうものを、娘が見つけられることが出来たらいいよねと話しています。


そして、その大好きなものの中に 『 山 』 があったらいいなと思っています。

12.3/1



さあ、外に出て雪遊び。

なぜか、まだ踏み跡がない雪の方へ向かって足を上げ乗り越えようとします。

雪が階段に見えるのかな? でも、 転んで雪まみれになりギャン泣きすることが予想されます。

慌てて方向転換。本人は、その上りたかった雪の階段の方へ行けずに怒っていましたが

パパに両脇を抱えられ 撤収~☆ 歩きやすそうなところへ移動です。



「 はい、ぽーぉーずっ! 」

パパから奪ったタオル。真似して首からかけてご機嫌です

楽しそうに雪をふみふみしながら、夢中になって歩いていました。しかも、帰りたくないと大ゴネ。参りました。

12.3/1

オーナーさんに 「 あーちゃん、ロッカーみたいだね 」 て言われてました(笑)



12.3/1

下山です。

12.3/1


今シーズンの雪山歩き、一度もアイゼンを付けずに歩いていた私ですが

大倉を下るということで迷わず装着することにしました。湿って踏み固められた雪、

付けないとさすがに滑って危険かなと。主人は長靴派(スパイク付き)ですが、結構苦戦してました。



下りも どんどん先に進んでいってしまう いつも通りマイペースな主人。

私の疲れっぷりに何度も心配そうに振り返っていました。

「・・・疲労困憊・・・」とつぶやいたら笑ってましたが、久しぶりに山歩きによる筋肉痛になりそう。

夜には両腕筋肉痛、次の日には背中まで筋肉痛がひろがっていました。



雪の降った次の日に仕事の休みがあたり、この雪山へ行くことができて主人は大喜びです。

いつもより かなりのタイムオーバーでしたが娘も終始ご機嫌で、雪で遊べて大はしゃぎ。

連れていってあげることが出来てよかったです。私は久しぶりの全身筋肉痛。3日たってもまだ痛い・・・。

でも、たっぷりの雪の中をこうして歩くことが出来て大満足でした。楽しかった♪
スポンサーサイト

2012.03.03 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。