上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
23日の雨が雪にならないかと期待していましたが、塔ノ岳山頂も雨だったようです。

12.2/24
2012年2月24日(金)今年9回目・あーちゃん塔ノ岳登頂61回目(前回2/21)

12.2/24

のぼりはじめは青空で暑いくらい、花立山荘までは富士山も顔を出してくれていました。


花立まで登山道脇にも全く雪はありません。金冷しに近づくと、だんだんとガスりはじめました。

12.2/24

金冷しから塔ノ岳山頂の雪も、さらに少なくなってきています。

私たちが歩いたときはベチョベチョ雪でしたが、気温の低い早朝などは凍結の可能性ありです。

12.2/24

山頂に到着すると空全体が真っ白。

12.2/24

今回、アナログ温度計を持っていきました。

いつも花立を過ぎた頃からグッと気温が下がるような体感だったので、試にと気温チェック。

花立山荘までは 6℃。金冷しに近づくと 4℃に下がり、塔ノ岳山頂では 0℃になっていました。

なんか、面白い。 これからは、毎回測ってみようと思っています。



あーちゃんは、というと。。。グッスリzzz

12.2/24

尊仏山荘に入り、下におろしてもピクリともしないで寝続けていました

下山時間も遅くなってしまうので、背負子からおろしお弁当タイム。

いつもお弁当を作っていくんですが、寒さでごはんが硬くなってしまうので保温弁当箱に変えました。

ごはん党の娘に、少しでも美味しく食べてほしいので。



こたつに入って寝ていたというミー君。冷たい床が気持ち良いようで、寝転がったまま起きません(笑)

20120224_7.jpg

「 ねんねー? 」 と言いながら、心配そうに撫でていました。


さぁ、外に出て ストック片手にお散歩タイムです。

水たまりに入りバシャバシャしながら遊ぶ娘・・・スノーブーツとスパッツさせててよかった

12.2/24

私たちは、風も冷たく寒い~と凍えてましたが、あーちゃんは大はしゃぎ。

山頂にはひとり休憩されてる方がいらっしゃいましたが、あとはガラーンとしていて静かな山頂。

小さな怪獣さんの声だけが響き渡ってました



下山。

雪が融けだしてから、シカさんに出会う確率が高くなっています。

この日全部で10頭ほどのシカを見ることができました。あーちゃん、大喜びです。

12.2/24

表尾根は、新大日まで 吹き溜まりなど融けずにたっぷり残っているところが今でもあります。

雨で水を含み緩んでいるせいか、踏み抜く(30センチ~40センチ)回数が多かったです。

12.2/24

陽当たりの良い道では、シャーベット状と水たまり。グチャグチャで歩き辛かった

12.2/24


途中、山荘のオーナーさんとすれ違いご挨拶。

あーちゃん、照れて顔を隠しながら手を振っていました。

そして、今回もずっと寝ずに粘っていましたが、はじめからストックを手に持たせていたのが

良かったのか上機嫌。新大日への最後の上り道では、踏み抜く雪に悪戦苦闘するダンナに

「 パパー、がーんばーってえーっ! 」って言いビックリしました。


いよいよ眠くなったかなと思う頃、愚図りだす兆候が見られたので、歌をうたおう作戦。


いつも出掛けるときは一緒の猫と熊のぬいぐるみを それぞれ両手に持ち

「 ゆりかごのうた 」を歌いながら 10分で眠りにつきました。登山口近くまで グッスリ起きず爆睡。

12.2/24



すっかりお気に入りのストック。背負子からおろすと、すぐに手に持ち笑顔で歩いていました。

雪も少ないし、今度からまた登山道の様子を見て上りの時にも少しずつ歩かせていこうと思っています。



ENPEX(エンペックス) アナログ温度計 サーモ・マックス50 ブラック FG-5152ENPEX(エンペックス) アナログ温度計 サーモ・マックス50 ブラック FG-5152



スポンサーサイト

2012.02.25 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。