上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
雷雨で下りはずぶ濡れになりました


11.8/13塔ノ岳
2011年8月13日(土) 24回目 (前回8/7)


11.8/13塔ノ岳


前回もその前も暑さが厳しくなるにつれて上りのペースが落ちていて、

2時間きって上れていたのが、どうしても2時間半かかってしまいます。


背負子に乗せて歩いている間はおとなしいんですが、立ち止まると怒られます

なので、あーちゃんにこまめにお茶を飲ませている隙に、私たちは急いで水分補給。

熱射病にならないよう、充分気よつけて歩いてきました。


花立山荘では、お楽しみのデザートタイム。背中で頑張ってるあーちゃんへのご褒美です♪

大好きなイエローキウイを見て大喜び。あともう少し山頂まであるから頑張ろうね、と話しながら再び出発。


やはり今回も2時間半しっかりとかかってしまいました



今回からあーちゃんの山でのお昼ご飯は離乳食メニューは卒業、

おにぎりとお弁当箱に「卵焼き・トマト・ウィンナー・デザート」をつめて持っていきました。

大好きなアンパンマンのお弁当箱にテンションUP


最近じっと座って食べてくれなくなって参るんですが、なんとかつかまえながら食べさせ完食。

小屋番さんが営業部長を連れてきてくれたので、あーちゃん顔を覗き込んだりして大はしゃぎでした。


もうちょっとでぶつかるんじゃないかってくらい顔を近づけても部長は全然平気、

部長の周りをくるくる歩き出しても全然嫌がらず、しばらくあーちゃんの相手をしてくれてました。

11.8/13塔ノ岳



初めの頃号泣していたオーナーさんにも、両手をギュッと握られながら話しかけられても

泣かなくなり ( わたしや机の陰に隠れたりはしますが:汗 )帰りはバイバイと手を振っていて

こうやって山で出会う人との触れ合いがあーちゃんを成長させてくれてるんだなってしみじみ感じました。

11.8/13塔ノ岳



山荘の外に出て少し歩かせていましたが、雷の音がし始めたので急いで背負子に乗せ下山開始。

あーちゃんは、ちょうど眠たいのも重なってまだ乗りたくないと大暴れ大泣き・・・全然泣き止まないので

お菓子をひとつ手渡すと 「 えへへ 」 て喜んだかと思ったら、すぐに眠ってしまいました。


木ノ又小屋を過ぎた頃から雨が激しくなり雷も鳴り響き、新大日小屋の木陰でしばらく待機。


私たちは全身ずぶ濡れ。あーちゃんはレインカバーを付けているのでそこまで濡れる心配はありませんが、

激しく降りつけつ雨に、このままここにいてももっと濡れてしまうだけだし、尾根に入ってしまった方が

安全だろうと様子を見ながら先に進むことにしました。ダンナも、こんな雷雨に遭ったのは初めてだそうです。



雷雨の音で目が覚めてしまったので、あーちゃんの大好きな歌を歌いながら進みます。

雷雨に恐がって泣いてしまうかな?と思ったけど、カエルの合唱とか大きな声で歌い平気で助かりました。


尾根に入り30分ほどしてようやく雷雨がおさまえうと空が明るくなり始めました。あーちゃん爆睡。


財布・携帯・カメラは、雨が降り始めてすぐにタオルにくるみビニールの中に入れ

ザックの中にしまい込みザックカバーをしていたおかげて全部濡れずに無事でした。


台風の影響で崩れた箇所と思われる最後の階段のところでダンナが転倒・・・。

ダンナもあーちゃんもどこも怪我なく無事でしたが、キッドコンフォートⅢ にして本当に良かったと思った瞬間でした。


車に到着して服を全部着替えさえ、暖房をかけおやつの時間。ほっとしました。

オーナーさんからプレゼントしてもらったお守りのおかげだねって、山にお礼を言って帰りました。


帰宅後すぐにシャワーをあびさせましたが、熱が出てないか風邪をひかせてしまったんじゃないか

心配でたまりませんでした。が、私たちの心配をよそに、この日の夜もいつもと変わらずもりもり

ご飯を食べ大好きな食後のバナナはゆっくりと時間をかけて楽しみながら食べていたあーちゃん。


寝る前にもう一度、今度はお風呂にゆっくりつからせて寝かしつけましたが、早々にぐっすりzzz 


次の日朝6時 「ア~ンパ~ンマァ~ン、ア~ンパ~ンマァ~ン」としゃべる声で目が覚め

わたしが寝たふりをしていると、お腹の上に馬乗りしてドンドン揺らして起こされました


いつもどおり元気いっぱいのあーちゃんを見て、ほっとしました。

雨だけならまだいいんですが、この季節、雷は本当に恐いです




そういえば、政次郎尾根の最後の沢で、全身オレンジ色のヘビを見ました。

他に模様らしいものはなく、全身一色のきれいなオレンジ色でした。

初めて見たので少しネットで調べてみたんですが、「アカジムグリ」という種類なのかな??


恐くて写真は撮れず・・・ 登山道ではヘビにも気よつけないといけませんね
スポンサーサイト

2011.08.18 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。