上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
18日。19時頃来てくれたダンナ。


ちょうど お祝い善の日で、すごい量だったので 旦那と半分こ♪
お祝い膳



ダンナが帰宅後。夜中から頭痛に寒気、気持ち悪いし 硬いベットの為に身体中痛くてツライ・・・。

あまり眠れませんでした。今日で術後4日経つのに またまだ傷口が痛み不安になります。膀胱炎っぽいし


朝まで我慢出来ずに、6時半に助産師さんを呼んで 痛み止めと膀胱炎の薬を処方してもらうことにしました。



毎日2回、母乳の出チェックをするんですが、なんとそれぞれ2.3ヶ所から薄っすらとにじみ出はじめたそうです!



ほんのわずかでしたが、嬉しくて嬉しくて涙が止まらず。

助産師さんは、毎日本当に良く頑張ってるもんね、良かったねって慰めてくれました☆



そして、この日はベビちゃんの沐浴見学の日でした。




午後。。。助産師さんが先天的検査の承諾書の話しをしにきたので、退院について聞いてみました。



このまま体調が悪くならなければ、22日(金)に退院出来るかもって!

身体がダルく辛かったけど、その言葉だけで元気が出ました♪



そして 15時。旦那が到着。市役所で、出生届やら児童手当の手続きをしてきたそうです☆



助産師さんたちから、「パパそっくり! きれいな顔立ちだって評判ですよ♪」

って何度も言われてすごく嬉しそうだったナ(笑)


全身ガチガチに懲り身体中痛くて調子が悪かったけど、旦那が2時間以上マッサージし続けてくれて、

その間寝ることも出来たのでだいぶ楽になりました。すると、夕方は さらに母乳が出るようになってて!


これも、ダンナ効果だろうと 私にとって、ダンナはなくてはならない存在なんだと改めて実感しました。



夜中は3時間おきに母乳&ミルクをあげていました。

ギャン泣きされながらも母乳をあげて朝まで過ごすことに。

夜間担当の助産師さんは、以前湯タンポを用意してくれたり、足をマッサージしてくれた方。


赤ちゃんが泣く度に部屋に来て一緒に母乳を飲ませるのを手伝ってくれました♪ 


そして19日 朝 。午前中 とうとう赤ちゃんがカンシャク?をおこして収まりがつかず・・・

2時間格闘するもとうとう限界 ナースコールでベビちゃんを預かってもらい身体を休ませてもらうことに。

後から聞くと、ベビちゃんはその後大人しく寝たそうで?? ママに甘え泣きしてたのよ~♪て言われました。


こんなに小さなうちから甘え泣きなんて可愛すぎる


沐浴をする日だったのに 結局私がダウンしていたので入れてもらいました。またまた落ち込んでしまいます・・・。


15時。婦長さんがベビちゃんを連れてきてくださいました。

赤ちゃんが泣き止まなかったこと、母乳を拒絶されたこと、母乳が出ないことなどの悩み、

家に戻ったあと子育てする自信がない不安を聞いてもらいました。婦長さんが言うには、赤ちゃんが泣くときは、

お腹を空かせてるとき。。。10ml足りないだけでも泣くそうです。おしっこ&うんちでは めったに泣かなんですって。


あとは夜泣きや甘え泣き。赤ちゃんだって ただ泣きたい気分のときもあるから、

そういう時は ひたすら抱っこし続けてあげてと言われました。それぞれ赤ちゃんによって性格があるから、

その子の性格を見極めて 親がその子に全てを合わせあげるようにと。母乳の出も見てくれて、血管の浮き具合も

いいし、これから時間はかかるかもしれないけど、どんどん出るようになるわよと言ってもらい励ましてもらいました。


そうそう。母乳がにじみ出るようになって、あんなにも食べれなかった

ご飯がペロリと残さず完食できるようになりました☆ 不思議ですね。。。



20日。この日もギャン泣きされ 手におえずナースコール しばらく助産師さんが

抱いてくれてたけど寝そうにもなく、身体もしんどいので、ナースステーションで預かってもらうことに。



この日の担当の助産師さんも母乳が出なくて、でも周りはみんな どんどんと出てきているのに

辛くて毎日泣いてたって言ってたなぁ。。そしたら、5ヶ月たった頃 母乳だけで足りてることに気付いて

それからは どんどんと母乳が出始めたそうです。 私は 5ヶ月だったわよっ大丈夫♪って励ましてもらいました。



21日。深夜。どうしてもダンナの声が聞きたくなり電話。ダンナと一緒に寝れないし、

会えない寂しさで涙が止まらず。。。あと1日で退院、それが すごくすごく長く感じました。



朝の体温は 37度3分。また微熱・・・。 ようやく沐浴実践。


覚えの悪い私は、前回沐浴見学後にメモしておいて見て予習していたんですが、

何よりもベビちゃんが全く泣かず!? てゆうか、ほんのり気持ち良さそうにしてるし(笑)


ベビちゃんが大人しくしていてくれてたおかげで、何とかこなすことが出来ました♪



明日の退院に向け、自宅に戻り まずすることや 買い物などのリストアップ。

夕方、退院に向けての最終内診。結局 抜糸はひとつも出来なかったんです、というより

まだ早いから出来ないみたいで、先生には くれぐれも自宅では安静にしてるように念をおされました



22日。退院の日。

この日担当の助産師さんにご挨拶をし無事に退院できました。



私とダンナ、助産師さんとで話しをしている間、ダンナの腕に抱かれていたベビちゃんは

会話を聞いているのか ウトウトしながら何度も ニカ~~っ♪て笑って、「聞いてるのね」って3人で大笑い(笑)



あぁあ。。。お世話になった助産師さんたち全員にお礼がいいたかったナ。



午後から旦那は仕事に出かけてしまいましたが、ようやく3人での生活スタート。

帰宅早々、赤ちゃん 3時間以上寝ずに抱きっぱなしで お腹の傷口が痛くてつらかったけど、やっぱり家が落ちつきます☆


夜中も 赤ちゃんが泣きやまないので、ダンナと2人で交代で抱っこ。



ダンナも出産日前から ずっと私や家のことで寝不足続きで申し訳なかったけど、

赤ちゃんの泣き声が新鮮らしく、「可愛い元気で良いネ♪」 なんて言って 嬉しそうに抱っこしていました。



入院中本当に大変で、激痛でベッドから起き上がるのにも時間がかかり

毎日毎日泣いていたけれど、とても貴重な体験、経験が出来ました。


術後あんなにもガタガタと全身の震えが止まらなかったのに、ダンナの顔を見た

とたんにピタリとやんだり、私にとってこの人がなくてはならない存在の人なんだと改めて実感できました。





何もかもが手探り状態の毎日ですが、新米パパ&ママで 愛しいわが娘を愛情いっぱいに育てていきたいと思っています




 ランキングに参加しています
  FC2ブログランキング
 
     

FC2ブログランキング  クリックしてニャ
 ポチッと お願いしマスm(__)m

スポンサーサイト

2010.01.31 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。